item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT >

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2019] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

はじめて使うAutoCAD LT


はじめて使うAutoCAD LT 


 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (1)準備

 

最低限の準備として

 

CADソフト"AutoCAD LT"

まずはAutoCAD LT が必要となります。AutoCAD (LT)とはAutodesk社が開発する汎用CADソフトで世界中で使用されている汎用CADソフトです。

2018年4月現在の最新バージョンはAutoCAD LT 2019となっています。

※ AutoCAD LTの最新版の情報について 「AutoCAD LTⓇ製品ページ(オートデスク株式会社)

 

学習目的であれば、レギュラー版が無料で使用できる学生版(3年間)、その他にダウンロードするだけで一ヶ月間無料で使用できるAutoCAD体験版を利用するのもいいと思います。

AutoCAD LTの入手方法

 

 永久ライセンスの販売終了について

オートデスクでは、AutoCAD永久ライセンスの提供を終了いたしました。単体製品については、2016 年 1 月 31 日、Design Suite 製品と Creation Suite 製品については、2016 年 7 月 31 日をもって永久ライセンスの新規販売を終了しました。

 

 

 オンラインストアからの購入

最新版のAutoCAD LT を購入する場合、基本的にAutodeskオンラインストアを利用し期間限定ライセンスを契約することになります。

期間限定ライセンスは(1ヶ月単位、1年、2年、3年)から選択できます。

 

 

 AutoCAD LTの価格について

 

AutoCAD LT サブリクション契約 (1ヶ月契約 ¥7.560、1年契約 ¥62,640)

ScreenSnapz106

 

開催中(開催予定)のキャンペーン情報

 

特別セール/AutoCAD LT が新規購入で最大 25% OFF!2018年 6月29日まで

キャンペーン期間: 2018 年 6 月 22 日(金)~ 6 月 29 日(金)迄

 

 

体験版を利用する (30日間)

体験版の入手方法やインストール方法はこちらで説明しています。▷(2)インストール 

 

 

学生版を利用する (無償で3年間)

該当する人は無償で3年間利用できます。機能制限等はありません。▷AutoCAD学生版について


 

コンピュータ及びWindows OS (Macの場合は英語版のみ)

AutoCAD LT (体験版含む)を使う上で最低限必要なものがあります。それは一般的なWindowsパソコンです。ただOSによっては求められる性能が違いますので注意が必要です。マウスは必須です。

またMac OSでAutoCADを使用するには"AutoCAD for Mac"を使用します。日本語版がまだ発売されていないのでインタフェースは全て英語表記になります。

参考:"AutoCAD for Mac 使い方"

b8fcb1085cdc44ddb683f6c15d6c164743 c33ef45069b1a5a671d41e85428


 

Windows OSの種類とPC性能 

新しいパソコンにはWindows10が入っていると思います。この場合のストレスなく動作させるパソコンの性能は最新版AutoCAD LT2018では、CPUが1GHz以上となっています。

 

AutoCAD(LT)の動作環境についてはバージョン毎に多少違いますので、注意が必要です。

 

AutoCAD LT 2018 対応OS Windows7(SP1)、Windows8.1(要更新)、Windows10(64bit)

AutoCAD LT 2017 対応OS Windows7(SP1)、Windows8.1(要更新)、Windows10(64bit)

AutoCAD LT 2016 (SP1) 対応OS Windows7(SP1)、Windows8/8.1、Windows10

AutoCAD LT 2015 対応OS Windows7、Windows8/8.1

AutoCAD LT 2014 対応OS WindowsXP(SP3)、Windows7、Windows8/8.1

AutoCAD LT 2013(SP3) 対応OS WindowsXP(SP3)、Windows7、Windows8/8.1

AutoCAD LT 2012 対応OS WindowsXP(SP3)、Windows Vista(SP2)、Windows7

AutoCAD LT 2011 対応OS WindowsXP(SP2)、Windows Vista(SP1)、Windows7

AutoCAD LT 2010(Update2) 対応OS WindowsXP(SP2)、Windows Vista(SP1)、Windows7

AutoCAD LT 2004 対応OS WindowsXP、Windows2000、WindowsNT4.0

 

※1 32bit版とは:WindowsOSには32bitと64bitがあります。「32 ビット」と「64 ビット」という用語は、コンピューターのプロセッサ (CPU とも呼ばれます) が情報を処理する方法を指します。64 ビット バージョンの Windows は大容量のランダム アクセス メモリ (RAM) を、32 ビット システムに比べてより効率的に処理できます。

 

※2 SP2、SP3とは:OSのサービスパックといわれるアップデートプログラムです。Windows Updateを実行することでインストールすることが出来ます。

Windows7の場合、コンピュータのアイコンを右クリックで下図のように確認できます。

ScreenSnapz231

 

 

自分のPC情報の調べ方

 

Windows 10

デスクトップを表示します。

画面左下隅を"窓マーク"クリックし、「設定」をクリックします。

ScreenSnapz108

「設定」のオプションが表示されたら「システム」をクリックします。

ScreenSnapz109

バージョン情報で表示されます。

 ScreenSnapz110

 

Windows 8

デスクトップを表示します。

画面右下隅をポイントしチャームが表示されたら、「設定」をクリックします。

「設定」のオプションが表示されたら「PC情報」をクリックします。

ScreenSnapz076a

システムの種類で表示されています。

 ScreenSnapz077a

 

Windows 7

[システム] を開くには、[スタート] ボタン をクリックし、[コンピュータ] を右クリックしてから、[プロパティ] をクリックします。

[システム] の下にシステムの種類が表示されます。

 

 

Windows XP

[開始] ボタンをクリックします。

[ユーザー インターフェイス] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

「x64 Edition」が表示されていない場合、32 ビット バージョンの Windows XP を実行しています。[システム] の下に「x64 Edition」が表示されている場合、64 ビット バージョンの Windows XP を実行しています。

 

 


 

マウス

必須です。できればホイールマウスがいいでしょう。図面拡大、縮小、移動、全画面表示などが簡単にできるようになります。

mousewm1000img

・マウス操作の基本 

AutoCAD的にも一般的にも同じと思われるマウスの基本的な使い方を簡単に説明しておきます。

 

クリック 

images クリックとは一般的にはマウス左側のボタンをカチッと一回だけ押す操作です。AutoCADでは、点の指定やメニューの選択などほとんどの操作でこのクリックを使用します。

 

ダブルクリック

images1 ダブルクリックとは一般的にはマウス左側のボタンをカチッカチッと二回続けて押す操作です。続けて押すタイミングは早すぎても遅すぎてもよくありません。AutoCADでは、オブジェクトをダブルクリックするとクイックプロパティが表示できます。

 

右クリック

images2 右クリックとは一般的にはマウス右側のボタンをカチッと一回だけ押す操作です。AutoCADでは主にプロパティやセカンドメニューを表示させる場合に使用します。

 

ドラッグ

images3 マウスの左側のボタンを押し下げたまま離さずにマウスを移動させ、移動先で指をマウスから離す操作です。AutoCADではオブジェクトを変形させる場合にグリップをドラッグすることで変形させることができます。またスクロールボタンをドラッグすると画面表示(画面中心点の位置)を移動させることができます。

 

スクロール

images4 マウスの中央にある回転するボタンを、上方向や下方向に回転させる操作です。AutoCADでは画面の表示を拡大縮小させることができます。


 

メモリの確認

上のページで説明したPC情報で確認できます。

「システム」欄の「実装メモリ(RAM)」から搭載されているメモリの容量が確認できます。

 Windows8の場合

 ScreenSnapz077

 Macの場合

 ScreenSnapz112


 

ハードディスク容量

デスクトップを表示します。デスクトップのタスクバーに表示されている「エクスプローラー」アイコンをクリックします。「コンピューター」をクリックすると、ハードディスクドライブの棒グラフの下に空き領域が表示されます。


 

モニター / ディスプレー

1024x768となっていますのでデスクトップの場合、15インチの液晶モニターでも大丈夫なほどです。ノートパソコンでも12インチ以上であれば問題ないでしょう。

QSP63KX6LSL500AA300


 

あらかじめ必要なソフト

現在は必要ソフトが自動的にインストールされますので気にしなくても問題ないと思います。

AutoCAD LT2013・LT2012などでは、あらかじめマイクロソフトの".NET Framework Version 4.0"が必要となるかもしれません。

.NET Framework 4 とは

 

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。