item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (4)操作の基本

 

 

AutoCADに関係するキーボード入力

 

AutoCADを使用する上でかなり多くの作業をキーボードで行います知っておくとかなり便利な機能を紹介します。

 

ESC

個人的にはもっとも使用するキーです。すべての作業の後にはESCを押す癖がついています。ESCを押すことで操作をキャンセル(選択が解除など)されてコマンド入力状態へと変わります。

item3


 

Enter

すべての操作を確定する場合に押します。多くの作業はEnterを押すことで完了します。

item7


 

TAB コンマ

数値入力などに使用します。

item9a

例えば、あるオブジェクトをX方向に300、Y方向に300移動させる場合の入力の時に使用します。300を入力した後に"TAB"や"コンマ"を押すことで入力箇所が次へ移ります。

ScreenSnapz232


 

スペース

最後に使用したコマンドを表示します。例えば線分を使用して線を描いてESCでコマンドを終了させた場合でもスペースを押すことで直前の作業"線分"の入力状態になります。とても便利な機能です。

item9


 

上カーソルキー(下カーソルキー)

上カーソルキーを押すことで作業コマンドの履歴を表示させることができます。(ひとつ上を押す毎に古い履歴になっていきます。)例えば起動して①"線分"で線を描き、②"オフセット"で2重線を描き、③複写で4重の線にした場合、上カーソルキーを1回押すと"COPY"(③の複写)、続けて上カーソルキーを押すと今度は"OFFSET"(②のオフセット)、続けてもう一度植えカーソルキーを押すと"LINE"①の線分が表示されることになります。下カーソルキーで戻ることができます。かなり便利です。

item11


 

ファンクションキー

item12

[F 1]オンラインヘルプの表示

[F 2]テキストウインドウの表示・非表示

[F 3]オブジェクトスナップの切り替え

[F 5]等角図モードの切り替え

[F 6]ダイナミックUCSを切り替え

[F 7]グリッドを切り替え

[F 8]直交モードを切り替え

[F 9]スナップを切り替え

[F 10]極トラッキングを切り替え

[F 11]オブジェクトスナップトラッキングを切り替え

[F 12]ダイナミック入力を切り替え


 

ショートカットキー

item13

[Ctrl]+[0]フルスクリーン表示モードを切り替え

[Ctrl]+[1]プロパティパレットの切り替え

[Ctrl]+[2]デザインセンターを切り替え

[Ctrl]+[3]ツールパレットウインドウを切り替え

[Ctrl]+[4]シートセットマネージャーを切り替え

[Ctrl]+[6]データベース接続マネージャーを切り替え

[Ctrl]+[7]マークアップセット管理を切り替え

[Ctrl]+[8]クイック計算パレットを切り替え

[Ctrl]+[9]コマンドラインウインドウを切り替え

[Ctrl]+[A]図面のすべてのオブジェクトを選択

※一部AutoCAD LTに備わっていない機能もあります。

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。