item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT >

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2019] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

はじめて使うAutoCAD LT


はじめて使うAutoCAD LT 


 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (8)オブジェクト編集

 

【配列複写】

 

矩形状または円形状のパターンで配列されたオブジェクトを作成します。

ScreenSnapz067

ScreenSnapz069 

 

コマンド ARRAY  短縮コマンド AR

矩形状配列複写(AutoCAD LT 2015の場合)※2014以前のバージョンの場合はこちら

下図長方形を矩形状配列複写を使用すると下図右となります。

ScreenSnapz070 ScreenSnapz071

リボンから"矩形状配列複写"を選択するとオブジェクト選択画面になりますので長方形をクリックします。選択されたオブジェクトは破線に変わります。確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz072 

デフォルトの設定で配列複写が作成され、リボンが"配列複写作成"に変わります。終了した場合でも、オブジェクトを選択状態にすることでいつでもこの画面が表示され、調整できるようになっています。

ScreenSnapz097

 

ScreenSnapz097a

数を変更できます。

間隔:間の距離を指定できます。

合計上の"間隔"と連動します。例えば4列 で"間隔"が300であれば"合計"は900となります。

 

ScreenSnapz097b

数を変更できます。

間隔:間の距離を指定できます。

合計上の"間隔"と連動します。例えば4列 で"間隔"が300であれば"合計"は900となります。

 

レベル

ScreenSnapz097c

レベルレベルの数と間隔を指定します。(3D配列用)

間隔:レベル間の距離を指定します。

合計:レベル全体の長さを指定します。

 

プロパティ

ScreenSnapz097c1

自動調整自動調整配列複写オブジェクトを作成するかどうかをコントロールします。

基点:配列複写の基点を再定義します。

 


 

配列複写のコマンドメニューで設定

配列複写コマンドを実行すると"編集する配列のグリップを選択 または"となりますので例えば、行数と列数を指定する場合。

ScreenSnapz073

下矢印キーを押してコマンドメニューを表示させます。次にメニューから"項目数"を選択します。

ScreenSnapz075

"列数を入力"となりますので、ここでは"4"を入力し、エンターを押します。

ScreenSnapz076

次に"行数を入力"となりますので、ここでは"3"を入力し、エンターを押します。

ScreenSnapz077

"編集する配列のグリップを選択 または"となり"終了"となっていますので、このままエンターを押します。

ScreenSnapz078

4列、3行の矩形状のコピーがなされました。

ScreenSnapz071a

間隔を指定する場合はコマンドメニューから"間隔"を選択して"X方向の間隔"と"Y方向の間隔"を入力します。

ScreenSnapz081

ScreenSnapz079 ScreenSnapz080 

 

 
 

 

パス配列複写(AutoCAD LT 2015の場合)

下図円をパス配列複写を使用すると下図右となります。

ScreenSnapz098 ScreenSnapz100

リボンから"パス配列複写"を選択するとオブジェクト選択画面になりますので円をクリックします。選択されたオブジェクトは破線に変わります。確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz098a 

次に"パス曲線を選択"となりますのでパスをクリックします。確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz099 

デフォルトの設定で配列複写が作成され、リボンが"配列複写作成"に変わります。ここから調整をします。終了した場合でも、オブジェクトを選択状態にすることでいつでもこの画面が表示され、調整できるようになっています。

ScreenSnapz101

 

項目

ScreenSnapz101a

項目パス曲線の長さと項目間の距離を指定することにより、項目数を自動的に計算することが可能となります。

間隔:項目間隔を指定できます。

合計項目全体の長さを指定できます。

 

ScreenSnapz101b

行数を指定します。

間隔:間の距離を指定できます。

合計:上の"間隔"と連動します。例えば4行 で"間隔"が300であれば"合計"は900となります。

 

レベル

ScreenSnapz101b1

レベルレベルの数を指定します。(3D配列用)

間隔:レベル間の距離を指定します。

合計:レベル全体の長さを指定します。

 

プロパティ

ScreenSnapz101b1a 

基点配列複写の基点を再定義します。配列複写の第1の項目をパス曲線の始点に対して相対的に再配置することが可能

メジャー / ディバイダ:

ScreenSnapz102

ディバイダパスの長さを等分割するように項目が再配置されます。

メジャー:パスを編集したり、グリップや[プロパティ]パレットを使用して項目の数を編集しても、現在の間隔が維持されます。ARRAYEDIT コマンドを使用して項目の数を変更した場合は、配置方法を再定義するためのプロンプトが表示されます。

項目を位置合わせそれぞれの項目を、パス方向と平行になるように位置合わせするかどうかを指定します。位置合わせは、最初の項目の方向に基づいて相対的に行われます。

Z方向元の Z 方向を保持するか、3D パスに沿って項目を自然に傾けるかどうかをコントロールします。

 

オプション

ScreenSnapz101b1a1 

元のオブジェクトを編集:編集状態がアクティブになるので、自動調整配列複写の項目の 1 つを編集することにより、自動調整配列複写を更新することができます。

項目を置き換え選択した項目、または元のオブジェクトを参照しているすべての項目の複写元オブジェクトを置き換えます。

配列複写をリセット:削除した項目を元に戻したり、項目に対する優先設定を除去します。

 
 

 

円形状配列複写(AutoCAD LT 2015の場合)※2015以前のバージョンの場合はこちら

下図長方形を円形状配列複写を使用すると下図右となります。

ScreenSnapz090 ScreenSnapz091

リボンから"矩形状配列複写"を選択するとオブジェクト選択画面になりますので長方形をクリックします。選択されたオブジェクトは破線に変わります。確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz072a 

デフォルトの設定で配列複写が作成され、リボンが"配列複写作成"に変わります。終了した場合でも、オブジェクトを選択状態にすることでいつでもこの画面が表示され、調整できるようになっています。

ScreenSnapz092

 

項目

ScreenSnapz094

項目:配置するオブジェクトの数を変更できます。

間隔:オブジェクト間の角度を指定できます。

埋める:全体の複写角度を指定します。

 

ScreenSnapz094a

行数を指定します。円の外側に作成されます。

間隔:間の距離を指定できます。

合計:上の"間隔"と連動します。例えば4行 で"間隔"が300であれば"合計"は900となります。

増分行間の高さの増分を指定します。

 

レベル

ScreenSnapz094a1

レベルレベルの数と間隔を指定します。(3D配列用)

間隔:レベル間の距離を指定します。

合計:レベル全体の長さを指定します。

 

プロパティ

ScreenSnapz095

基点配列複写の基点とグリップを再定義します。

項目を回転:配列複写中に項目を回転するかどうかをコントロールします。

方向:時計回り又は反時計回りを選択します。

 

オプション

ScreenSnapz095a

元のオブジェクトを編集編集状態がアクティブになるので、自動調整配列複写の項目の 1 つを編集することにより、自動調整配列複写を更新することができます。

項目を置き換え選択した項目、または元のオブジェクトを参照しているすべての項目の複写元オブジェクトを置き換えます。

配列複写をリセット消去された項目を復活し、上書きしたオブジェクトを除去します。

 

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。