item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT >

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2019] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

はじめて使うAutoCAD LT


はじめて使うAutoCAD LT 


 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (8)オブジェクト編集

 

【複写】

複写はオブジェクトや寸法線、文字などを元図をそのままコピーし、任意の場所へ全く同じものを作成します。

ScreenSnapz013 

 

コマンド COPY  短縮コマンド CO、CP

複写

例えば下図のような円オブジェクトがあり、この円オブジェクトをコピーしたい場合。

ScreenSnapz053

リボンの"ホーム"タブ→"修正"パレットから複写を選択します。"オブジェクトを選択"となりますので、元オブジェクトをクリックします。この場合複写したいオブジェクトは、これだけなので確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz054

元オブジェクトが破線に変わり"基点を指定 または"となりますので、ここでは円の中心を基点として指定します。オブジェクトスナップが"ON"の場合は円の中心近くまでカーソルを動かすと緑色の丸い枠がでてきます。

ScreenSnapz055

緑色の枠がある状態でクリックすると下図のように"2点目を指定 または"となります。どこに複写するかを聞いているので、ここでは右下の任意の場所をクリックします。

ScreenSnapz056

まだコマンドが有効になっていて連続して複写できます。複写を終了させるにはESCキーを押します。

ScreenSnapz058


 

複写先の指定方法

例えば下図のような円オブジェクトを右方向に2m、さらに上方向に2mの場所に複写したい場合。

ScreenSnapz059

リボンの"ホーム"タブ→"修正"パレットから複写を選択します。オブジェクトを選択となりますので、元オブジェクトをクリックし、エンターを押して確定します。

ScreenSnapz060

次に"基点を指定 または"となりますので、この場合基点の位置は重要ではないですが、先ほどと同じように円の中心をクリックしてエンターを押します。

ScreenSnapz061

次に"2点目を指定"となりますので、ここでは①"2000"と入力、②","を入力、③"2000"と入力します。

ScreenSnapz062

これはプラスX方向(右横)に2m、プラスY方向(上方向)に2mを意味します。

ScreenSnapz063

ダイナミック入力がOFFの場合はコマンドラインに入力されることになりますが、AutoCAD初期設定の関係で@2000,2000と入力しなければなりません。(相対座標と絶対座標の関係

ScreenSnapz066

 

 
 

 

複写の応用(配列複写)

配列複写をして1個のオブジェクトを等間隔で複数作成する場合

ScreenSnapz067

リボンの"ホーム"タブ→"修正"パレットから複写を選択します。オブジェクトを選択となりますので、元オブジェクトをクリックし、エンターを押して確定します。

ScreenSnapz068

次に"基点を指定または"となりますので、下矢印キーを押してコマンドオプションを表示させます。

ScreenSnapz069

メニューが表示されますので"モード"を選択してエンターを押します。

ScreenSnapz070

今度は"複数"を選択してエンターを押します。これで複写を複数作成する準備ができました。

最初のメニューに戻り"基点を指定または"となりますので、円の中心をクリックしてエンターを押します。

ScreenSnapz071

次に"2点目を指定または"となりますので、ここでも下矢印キーを押してメニューを表示させ、ここでは"配列"を選択します。

ScreenSnapz072

配列数の入力となりますので、"4"を入力してエンターを押します。

ScreenSnapz073

円オブジェクトが3個増えて合計4個のオブジェクトが表示されたと思います。ここで任意の点をクリックでも等間隔に配置されますが、ここでは1000mmの間隔で配置します。

ScreenSnapz074

配置させたい方向にカーソルを移動させ"1000"と入力してエンターを押します。

ScreenSnapz075

これで1000mm間隔で円オブジェクトが作成されました。

ScreenSnapz076

 

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。