item12a1a
item12a1a LTlogo1a item12a1a
item12a1a AutoCAD操作説明書 item12a1a item3a1 item12a1a
item12a1a

HOME > 土木系AutoCAD・測量座標

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

土木系AutoCAD・測量座標

MENU 

(1)各種設定


各種設定について

プロパティ表示

メニューバー表示

単位管理ダイアログ

ステータスバー
 

(2)UCSの基本


UCSの基本

UCSの働き

UCSの設定(回転)

UCSの設定(移動)

UCSの設定(オブジェクト)

UCSの登録

UCSの呼び出し

UCSの解除
 

(3)プランビューの基本


プランビューの基本

プランビューのイメージ

UCSとプランビュー

UCSFOLLOWコマンド
 

(4)土木系 測量座標


測量座標その1

図面を回転する方法

現在のビューを保存

既知点の計算

図面を回転

UCSを回転する方法

既知点の座標確認

UCS回転
 

測量座標その2

原点の移動

UCS登録

プランビュー変更
 

測量座標その3

数学座標・測量座標

測量座標に変更

ビュー登録

ビューの切替

座標点の設置
 

土木系AutoCAD・測量座標

 ScreenSnapz016

2014/06/22 「土木系AutoCAD・測量座標」をAutoCAD LT2015に対応しました。

2013/09/01 「土木系AutoCAD・測量座標」を作成しました。

土木系AutoCAD・測量座標 MENU

このコンテンツではAutoCADでは少し分かりにくい、特に土木系で多用される測量座標を図面に整合させる方法をAutoCAD LT 2013を使い説明しています。ユーザ座標、ワールド座標、プランビューを使用してX座標、Y座標を入れ替えないで使用できます。

(1)各種設定について

プロパティの表示

メニューバーの表示

単位管理ダイアログ(長さタイプ、精度・角度タイプ、精度、回転、基準・挿入尺度)

ステータスバーの確認

(2)UCSの基本

UCSの基本

UCSの動き

UCSの設定(回転)

UCSの設定(移動)

UCSの登録

UCSの呼び出し

UCSの解除

(3)プランビューについて 

プランビューの概念イメージ

UCSとプランビューの関係

UCSFOLLOWコマンドについて

(4) 土木系 測量座標の設定 

測量座標の設定(その1)

 図面を回転して方向角を設定する方法

   現在のビューを保存

   座標値の分かっている2点の方向角を算出

   図面オブジェクト全体を回転

 UCSを回転して方向角を設定する方法

   座標値の分かっている2点の座標計算

   UCSの回転
 

測量座標の設定(その

   原点の移動

   UCSの登録

   プランビューの変更
 

測量座標の設定(その

   数学座標と測量座標

   測量座標に変更

   ビューの登録

   ビューの切替

   座標点の設置

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です