item12a1a
item12a1a LTlogo1a item12a1a
item12a1a AutoCAD操作説明書 item12a1a item3a1 item12a1a
item12a1a

HOME > 土木系AutoCAD・測量座標

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

土木系AutoCAD・測量座標

MENU 

(1)各種設定


各種設定について

プロパティ表示

メニューバー表示

単位管理ダイアログ

ステータスバー
 

(2)UCSの基本


UCSの基本

UCSの働き

UCSの設定(回転)

UCSの設定(移動)

UCSの設定(オブジェクト)

UCSの登録

UCSの呼び出し

UCSの解除
 

(3)プランビューの基本


プランビューの基本

プランビューのイメージ

UCSとプランビュー

UCSFOLLOWコマンド
 

(4)土木系 測量座標


測量座標その1

図面を回転する方法

現在のビューを保存

既知点の計算

図面を回転

UCSを回転する方法

既知点の座標確認

UCS回転
 

測量座標その2

原点の移動

UCS登録

プランビュー変更
 

測量座標その3

数学座標・測量座標

測量座標に変更

ビュー登録

ビューの切替

座標点の設置
 

土木系AutoCAD・測量座標 (4)測量座標の設定

 

 

土木系 測量座標の設定 (その1)

実際に既存図面オブジェクトに対して、測量座標設定する方法を説明していきます。新規図面でも問題なく設定できると思います。

ここでは下の図面を使用して説明していきます。初心者の方は同じ図面データを利用しながらの方がわかりやすいかもしれません。ダウンロード

ScreenSnapz152

 

準備として(1)各種設定を済ませておいてください。

ScreenSnapz151a

 

図面内に座標値の分かっている点が2点以上必要となります。

ScreenSnapz067

 

測量座標に整合させた図面では、ビューを切り替えて作業することで作業効率がアップします。

 

AutoCAD LT 2013
ScreenSnapz130

※AutoCAD LT2015では初期設定で"ビュー"パレットは表示されていません。表示させるにはリボンの"表示"タブで空いている場所を右クリックしてメニューから"パネルを表示"→"ビュー"にチェックを付けます。

AutoCAD LT2015のビューパネル表示方法
ScreenSnapz005

測量座標設定する方法(二通りの方法で作成できます。)

 

現況図面全体を回転させて方向角を合わせる方法

線分オブジェクトの方向角が実際と合う

方向角を合わせるのがイメージしやすい

図面の容量が大きいと回転させづらい

ワールド座標系と図面枠が斜めになってしまう

 

ユーザ座標系(UCS)を方向角に合わせる方法

回転時にオブジェクトの選択ミスがない

図面に変更を加えない

プロパティの角度がワールド座標のまま

方向角を合わせるとき差分を計算しなければならない

既存の図面を測量座標に整合させる大まかな流れ

①既知点の2点方向角と図面角度を合わせる(図面を回転・UCSを回転)

②既知点に合わせて原点を移動する

③プランビューを変更する

④UCSを登録する

⑤座標系を回転、反転して測量座標に変更

⑥ビューを登録する

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です