item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 item1a item12a1
item12a1

HOME > AutoCAD 共通マニュアル

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

AutoCAD 共通マニュアル

3Dソフト 
 

AutoCADインタフェース


LT 2004のインタフェース 

(AutoCAD2004使い方)

LT2010のインタフェース 

(AutoCAD2010使い方)

LT2013のインタフェース 

(AutoCAD2013使い方)

LT2015のインタフェース 

(AutoCAD2015使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2016使い方)

AutoCAD 3Dインタフェース 

(AutoCAD3D入門β)
 

AutoCADの基本


CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング

CADの命令

AutoCADの座標

オプション設定 

(はじめて使うAutoCAD LT)

 

ライセンス管理 

サブスクリプション 

オートデスクIDの作成
 

AutoCADの作図


【基礎】

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート

コマンドオプション 

(AutoCAD2013使い方)

プロパティ 

(AutoCAD2013使い方)

 

【作図ツール】

AutoCAD LT 作図フロー

 

【応用】

異尺度対応オブジェクト 

(はじめての異尺度対応)

土木系測量座標 

(土木系AutoCAD・測量座標)

シートセット 

(AutoCAD2013使い方)
 

図面枠の利用


モデル空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

テンプレートの利用 

テンプレートダウンロード

CAD製図基準 

(AutoCAD2013使い方)

図面枠データダウンロード 

(各種ダウンロード)
 

AutoCADの印刷


印刷の基本 

(AutoCAD2013使い方)

モデル空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

印刷スタンプ 

(AutoCAD2013使い方)
 

sponsored link

AutoCAD共通マニュアル / AutoCADの基本  グリッド・スナップ

  

【グリッド・スナップ】

 

グリッドとは方眼紙のような線やドットを表示させることで、スナップとはそのグリッドにオブジェクトを吸着させることをいいます。


 

グリッド

作図領域全体に表示されるドットまたは線による矩形状のパターンです。グリッドを使用するということは、オブジェクトを方眼紙上に作図するイメージです。

 

線グリッド(下図は左と右でグリッド間隔が違う場合を表しています。)

ScreenSnapz043

 

グリッドの大きさをあらかじめ把握しておくことで、オブジェクトの位置合わせと、オブジェクト間の距離を視覚的に確認する場合に役立ちます。グリッドは印刷されません。

 

グリッド ON

AutoCAD LT 2013                AutoCAD LT 2015

item8a     ScreenSnapz034

グリッド OFF

AutoCAD LT 2013                AutoCAD LT 2015

item10     ScreenSnapz035

 

グリッドの設定

ステータスバーのアイコンを右クリックでメニューが表示されますのでその中から"設定"をクリックします。

AutoCAD LT 2013           AutoCAD LT 2015

item5a   ScreenSnapz038a

ダイアログボックスが表示されますので"スナップとグリッド"タブをクリックします。

ScreenSnapz045

 

点グリッド

初期設定では線グリッドになっていますが点グリッドに変更するには"グリッドスタイル"の"2Dモデル空間"にチェックをつけOKをクリックします

ScreenSnapz046 ScreenSnapz047

 

グリッドの間隔

変更するには"グリッド間隔"の数値を変更します。

ScreenSnapz048

下図は初期設定のグリッド間隔をわかりやすく説明しています。主グリッド線を非表示にするには、[主線の間隔]を 1 に設定します。

ScreenSnapz050

 

最適グリッド表示

ズームの実行中にグリッドをダイナミックに変更する

図面を拡大ズームまたは縮小ズームすると、新しい表示倍率に合うようにグリッド間隔が自動的に調整されます。この機能は、「最適グリッド表示」と呼ばれます。

たとえば、縮小ズームすると、グリッド線の表示密度は自動的に減少します。反対に拡大ズームすると、主グリッド線と同じ比率で、グリッド線が追加されていきます。

 

グリッドとスナップの角度と基点を変更する

特定の向きや角度に沿って作図する必要がある場合は、ユーザ座標系(UCS)を回転することで、グリッドとスナップの角度を変更できます。スナップ角度を回転することにより、新しい角度に一致するように画面上のクロスヘア カーソルの位置が調整されます。


 

スナップ

スナップ モードを使用すると、クロスヘア カーソルは常に指定した間隔に移動します。スナップ モードをオンに設定すると、カーソルが、グリッドに吸着、すなわち「スナップ」するようになります。スナップは、矢印キーまたはポインティング デバイスを使用して正確な点を指定する場合に便利です。

スナップにはグリッドスナップ(矩形とアイソメ)とPolar Snap(極スナップ)があります。

ScreenSnapz051

グリッドスナップはグリッドに合わせてスナップされるモードでPolar Snap(極スナップ)は角度と斜距離の設定によるスナップになります。

 

極スナップへの切替はステータスバー"スナップ"を右クリック(または▼をクリック)で選択できます。

ScreenSnapz053

 

例えば極トラッキングの設定で30度にしておき、スナップ・グリッドの極間隔を30に設定してスナップを有効にした場合、カーソルは角度30度毎、距離30mmごとの位置にスナップしていきます。

 

スナップ ON

AutoCAD LT 2013               

item1b

AutoCAD LT 2015      

ScreenSnapz037

 

スナップ OFF

AutoCAD LT 2013         

item3a 

AutoCAD LT 2015     

ScreenSnapz036

 

 

スナップの設定

ステータスバーのアイコンを右クリックでメニューが表示されますのでその中から"設定"をクリックします。

AutoCAD LT 2013           AutoCAD LT 2015

item5   ScreenSnapz038

 

設定画面

次にタブの中から"スナップとグリッド"になっていることを確認します。初期設定ではスナップ間隔はグリッド間隔と同じx,yともに"10"となっています。

item6a

 

ScreenSnapz040

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です