item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 item1a item12a1
item12a1

HOME > AutoCAD 共通マニュアル

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

AutoCAD 共通マニュアル

3Dソフト 
 

AutoCADインタフェース


LT 2004のインタフェース 

(AutoCAD2004使い方)

LT2010のインタフェース 

(AutoCAD2010使い方)

LT2013のインタフェース 

(AutoCAD2013使い方)

LT2015のインタフェース 

(AutoCAD2015使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2016使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2017使い方)

LT2018のインタフェース 

(AutoCAD2018使い方)

AutoCAD 3Dインタフェース 

(AutoCAD3D入門β)

AutoCAD for Mac インタフェース 

(AutoCADfor Mac 使い方)
 

AutoCADの基本


CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング

CADの命令

AutoCADの座標

オプション設定 

(はじめて使うAutoCAD LT)

 

ライセンス管理 

サブスクリプション 

オートデスクIDの作成 

アクティベーション方法
 

AutoCADの用語・コマンド 
 

AutoCADの作図


【基礎】

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート

コマンドオプション 

(AutoCAD2013使い方)

プロパティ 

(AutoCAD2013使い方)

 

【作図ツール】

AutoCAD LT 作図フロー

 

【応用】

異尺度対応オブジェクト 

(はじめての異尺度対応)

土木系測量座標 

(土木系AutoCAD・測量座標)

シートセット 

(AutoCAD2013使い方)
 

図面枠の利用


モデル空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

テンプレートの利用 

テンプレートダウンロード

CAD製図基準 

(AutoCAD2013使い方)

図面枠データダウンロード 

(各種ダウンロード)
 

AutoCADの印刷


印刷の基本 

(AutoCAD2013使い方)

モデル空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

印刷スタンプ 

(AutoCAD2013使い方)
 

AutoCAD共通マニュアル / AutoCADの基本 オブジェクトスナップ

 

【オブジェクトスナップ・オブジェクトスナップトラッキング】


 

オブジェクトスナップ

スナップはグリッドに対して吸着させるのに対し、オブジェクトスナップはオブジェクトに対して吸着させる動作になります。

 

AutoCAD LT 2013                AutoCAD LT 2015

item2  ScreenSnapz041

 

例えば四角形があるとして、その右上角から線分を作成したい場合には右上角にスナップ(吸着)させて完全な位置を得る必要があります。

 

オブジェクトスナップの初期設定は"端点"、"中心"、"交点"、"延長"が選択され、それぞれにスナップされるようになっています。

ScreenSnapz052

ステータスバーのオブジェクトスナップがオンの場合、操作中これらをAutoCADが自動的に判断してAuto Snapマーカーという緑色のカーソルを表示させます。下図は端点のマーカーが表示されている状態です。

item7a

 

 

既定のオブジェクトスナップ設定

オブジェクトスナップは全部を有効にしておくとスナップだらけになり思うように作図が出来なくなる場合があります。そのため、あらかじめオブジェクトスナップ設定にて必要の無いものはチェックを外し認識しないようにしておきます。

 

オブジェクトスナップの設定

ステータスバーのオブジェクトスナップを右クリックしてメニューの中からスナップさせる項目を選択します。

 

AutoCAD LT 2013               AutoCAD LT 2015

item9  ScreenSnapz042

または右クリックでオブジェクトスナップ設定をクリックしてダイアログから必要なものにチェックを入れておきます。

item8a

 

 

オブジェクトスナップは"F3"で簡単に切替

オブジェクトスナップは大変便利なものですが、複雑なオブジェクトの場合、必要以上にスナップされてしまって作図しにくい場合があります。この時は画面下のステータスバーのオブジェクトスナップをクリックしてオフにします。かなりオンオフを頻繁に行うには"F3"キーを押すことでオンオフが簡単に切り替わります。

 

 

優先オブジェクトスナップ

混雑したオブジェクトのスナップを利用する場合に便利な機能が優先オブジェクトスナップです。スナップさせる前にSHIFT+右クリックで指定します。これにより優先的に指定した項目が選択できるようになります。また初期設定により選択されていないスナップもこの方法で一時的に選択できるようになります。

item12


 

オブジェクトスナップトラッキング

AutoCAD LT 2013               AutoCAD LT 2015

item4 ScreenSnapz041a

オブジェクトスナップを応用してスナップさせる機能がオブジェクトスナップトラッキングです。これはオブジェクトの延長線上にある架空交点のようなイメージです。

例えば下図を見てください。これは二つの四角形の延長線上の交点をAutoCADが自動的に認識しているところです。これで、この交点がスナップされてここからオブジェクトを作図できるようになります。

操作方法としては、まずリボンから線分ツールを選択したとします。次に①の角にカーソルを近づけオブジェクトスナップマーカーを表示させます。次に②の角にカーソルを近づけオブジェクトスナップマーカーを表示させます。あとは交点付近にカーソルを移動すると自動的に緑色の破線が表示されスナップできるようになります。

item1b

オブジェクトスナップトラッキングの設定

ステータスバーを右クリックして表示されるメニューから設定を選択します。次にタブの中から"極トラッキング"を選択します。極角度を設定することで任意角度の延長線上でも使用できます。

item6

オブジェクトスナップトラッキングとダイナミック入力が有効の場合は下図の様に位置情報(座標値)が表示されます。

item13

同じ点でもダイナミック入力が無効の場合は下図の様になります。

item14

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です