item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 item1a item12a1
item12a1

HOME > AutoCAD 共通マニュアル

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

AutoCAD 共通マニュアル

3Dソフト 
 

AutoCADインタフェース


LT 2004のインタフェース 

(AutoCAD2004使い方)

LT2010のインタフェース 

(AutoCAD2010使い方)

LT2013のインタフェース 

(AutoCAD2013使い方)

LT2015のインタフェース 

(AutoCAD2015使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2016使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2017使い方)

LT2018のインタフェース 

(AutoCAD2018使い方)

AutoCAD 3Dインタフェース 

(AutoCAD3D入門β)

AutoCAD for Mac インタフェース 

(AutoCADfor Mac 使い方)
 

AutoCADの基本


CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング

CADの命令

AutoCADの座標

オプション設定 

(はじめて使うAutoCAD LT)

 

ライセンス管理 

サブスクリプション 

オートデスクIDの作成 

アクティベーション方法
 

AutoCADの用語・コマンド 
 

AutoCADの作図


【基礎】

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート

コマンドオプション 

(AutoCAD2013使い方)

プロパティ 

(AutoCAD2013使い方)

 

【作図ツール】

AutoCAD LT 作図フロー

 

【応用】

異尺度対応オブジェクト 

(はじめての異尺度対応)

土木系測量座標 

(土木系AutoCAD・測量座標)

シートセット 

(AutoCAD2013使い方)
 

図面枠の利用


モデル空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

テンプレートの利用 

テンプレートダウンロード

CAD製図基準 

(AutoCAD2013使い方)

図面枠データダウンロード 

(各種ダウンロード)
 

AutoCADの印刷


印刷の基本 

(AutoCAD2013使い方)

モデル空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

印刷スタンプ 

(AutoCAD2013使い方)
 

AutoCAD共通マニュアル / AutoCADの作図    モデルとレイアウト

 

【モデルとレイアウトの概要】

 

基本的にAutoCADを起動するとモデル(モデル空間)が表示されます。レイアウト(ペーパー空間)には下図のタブにより切り替えることができます。

 

LT 2013                    LT2015
item5  ScreenSnapz095


 

モデル(モデル空間)

モデル空間とは通常、作図する領域となっています。モデル空間だけで図面を完成させる人もかなりいると思います。一般的なCADの手法ではないかと思っています。

※下図はモデル空間に図面枠を配置して、その中に作図しています。

ScreenSnapz011


 

レイアウト(ペーパー空間)

AutoCADの基本的な使い方として推奨されているのが、モデル空間で作図をしレイアウト(ペーパー空間)に配置して図面を完成させて出力するという手法です。作図するオブジェクトが大きく、出力範囲を細かく設定する場合、また尺度の違うオブジェクトをバランス良く配置する場合にも効果的です。

ただAutoCADをはじめたばかりだと、少しわかりにくいと思います。下図ようなイメージでレイアウトにビューポートという窓を配置してモデル空間を参照し配置したいオブジェクトを表示させます。モデル空間には位置関係など気にせず、すきな場所に作図できます。

item6

 

モデル空間の作図

(モデル空間に適当に作図してあります。)

ScreenSnapz009

 

レイアウトでの配置

(ビューポートを使いモデル空間にあるオブジェクトを参照して表示させています。)

ScreenSnapz010

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です