item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 item1a item12a1
item12a1

HOME > AutoCAD 共通マニュアル

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

AutoCAD 共通マニュアル

3Dソフト 
 

AutoCADインタフェース


LT 2004のインタフェース 

(AutoCAD2004使い方)

LT2010のインタフェース 

(AutoCAD2010使い方)

LT2013のインタフェース 

(AutoCAD2013使い方)

LT2015のインタフェース 

(AutoCAD2015使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2016使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2017使い方)

LT2018のインタフェース 

(AutoCAD2018使い方)

AutoCAD 3Dインタフェース 

(AutoCAD3D入門β)

AutoCAD for Mac インタフェース 

(AutoCADfor Mac 使い方)
 

AutoCADの基本


CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング

CADの命令

AutoCADの座標

オプション設定 

(はじめて使うAutoCAD LT)

 

ライセンス管理 

サブスクリプション 

オートデスクIDの作成 

アクティベーション方法
 

AutoCADの用語・コマンド 
 

AutoCADの作図


【基礎】

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート

コマンドオプション 

(AutoCAD2013使い方)

プロパティ 

(AutoCAD2013使い方)

 

【作図ツール】

AutoCAD LT 作図フロー

 

【応用】

異尺度対応オブジェクト 

(はじめての異尺度対応)

土木系測量座標 

(土木系AutoCAD・測量座標)

シートセット 

(AutoCAD2013使い方)
 

図面枠の利用


モデル空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

テンプレートの利用 

テンプレートダウンロード

CAD製図基準 

(AutoCAD2013使い方)

図面枠データダウンロード 

(各種ダウンロード)
 

AutoCADの印刷


印刷の基本 

(AutoCAD2013使い方)

モデル空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

印刷スタンプ 

(AutoCAD2013使い方)
 

AutoCAD共通マニュアル / AutoCADの基本     極トラッキング

 

【極トラッキング】

 

極トラッキングとは

例えば30°方向に線を作図したい場合、極トラッキングを有効にして、設定にて30°を指定するだけで基準線が表示され30°の線が簡単に作成できます。

 

LT 2013                     LT 2015
item2   ScreenSnapz077

 

下図はLT2015の初期設定の極トラッキングの状況です。一番上の"90"にチェックが付いていますので、90°毎に基準線が表示されます。

ScreenSnapz078 ScreenSnapz079

極トラッキングにより角度の位置を合わせた状態で距離を入力することで必要な角度及び距離の線分等を作図することができます。※Polar Snapを利用してもいいと思います。グリッド・スナップ

 

 

極トラッキングの設定

ステータスバーの極トラッキングを右クリックして表示される角度にチェックすることで簡単に設定できます。

LT 2013                     LT2015
item1b ScreenSnapz080

 

また任意の角度を作成するには、ステータスバーの極トラッキングを右クリックして表示されるメニューから設定(トラッキングの設定)を選択します。次にタブの中から"極トラッキング"を選択します。極角度を追加することで任意角度でも使用できます。

item6

 

 

極角度の計測方法

 

絶対座標

角度の指定は常に画面に対して水平(垂直)を基準に計測されます。

 

最後のセグメントに対する相対角度

最後に作図した線を基準として計測されます。

 

item4

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です