item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 item1a item12a1
item12a1

HOME > AutoCAD 共通マニュアル

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

AutoCAD 共通マニュアル

3Dソフト 
 

AutoCADインタフェース


LT 2004のインタフェース 

(AutoCAD2004使い方)

LT2010のインタフェース 

(AutoCAD2010使い方)

LT2013のインタフェース 

(AutoCAD2013使い方)

LT2015のインタフェース 

(AutoCAD2015使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2016使い方)

AutoCAD 3Dインタフェース 

(AutoCAD3D入門β)
 

AutoCADの基本


CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング

CADの命令

AutoCADの座標

オプション設定 

(はじめて使うAutoCAD LT)

 

ライセンス管理 

サブスクリプション 

オートデスクIDの作成
 

AutoCADの作図


【基礎】

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート

コマンドオプション 

(AutoCAD2013使い方)

プロパティ 

(AutoCAD2013使い方)

 

【作図ツール】

AutoCAD LT 作図フロー

 

【応用】

異尺度対応オブジェクト 

(はじめての異尺度対応)

土木系測量座標 

(土木系AutoCAD・測量座標)

シートセット 

(AutoCAD2013使い方)
 

図面枠の利用


モデル空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

テンプレートの利用 

テンプレートダウンロード

CAD製図基準 

(AutoCAD2013使い方)

図面枠データダウンロード 

(各種ダウンロード)
 

AutoCADの印刷


印刷の基本 

(AutoCAD2013使い方)

モデル空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

印刷スタンプ 

(AutoCAD2013使い方)
 

sponsored link

AutoCAD共通マニュアル / AutoCADの基本    CADの基本操作

 

 

 

【CADの基本操作】

 

マウス操作の基本

 

AutoCADを使用する上でのマウス操作の基本を説明します。

 

クリック 

images クリックとは一般的にはマウス左側のボタンをカチッと一回だけ押す操作です。AutoCADでは、点の指定やメニューの選択などほとんどの操作でこのクリックを使用します。

 

ダブルクリック

images1 ダブルクリックとは一般的にはマウス左側のボタンをカチッカチッと二回続けて押す操作です。続けて押すタイミングは早すぎても遅すぎてもよくありません。AutoCADでは、オブジェクトをダブルクリックするとクイックプロパティが表示できます。

 

右クリック

images2 右クリックとは一般的にはマウス右側のボタンをカチッと一回だけ押す操作です。AutoCADでは主にプロパティやセカンドメニューを表示させる場合に使用します。

 

ドラッグ

images3 マウスの左側のボタンを押し下げたまま離さずにマウスを移動させ、移動先で指をマウスから離す操作です。AutoCADではオブジェクトを変形させる場合にグリップをドラッグすることで変形させることができます。またスクロールボタンをドラッグすると画面表示(画面中心点の位置)を移動させることができます。

 

スクロール

images4 マウスの中央にある回転するボタンを、上方向や下方向に回転させる操作です。AutoCADでは画面の表示を拡大縮小させることができます。


 

クリック操作の基本

 

「左クリック」の主な用途

線分、ポリライン等を描く場合に使用。(1点目を指定、終点を指定など)

オブジェクト(線、円などを)指定して選択。

ツールバー、リボン、パレット、メニューなどの項目を選択。

 

「右クリック」の主な用途

作図途中の右クリック(エンター、キャンセル等選択できる)

item1b

 

作図領域で右クリック(コマンドの履歴、コピー等)

item9


 

スクロール操作の基本

 

「前方に回転」

画面が拡大ズームされます。

 

「後方に回転」

画面が縮小ズームされます。

 

※スクロールによる拡大縮小が、ある位置までで動かなくなることがあります。

この場合はコマンドの再作図"regen"を使用します。

 

「スクロールボタンをダブルクリック」

作図されたオブジェクトが全表示になります。

 

「スクロールボタンを押したまま移動」

マウス方向に表示画面が移動します。


 

キーボード操作の基本

 

ESC

このボタンは一番使用します。コマンドをキャンセル・終了させる場合はESCキーを使用します。

ScreenSnapz030

 

Enter

コマンドを確定させる、数値を入力するなどはEnterキーを使用します。

ScreenSnapz030a

 

Tab

入力項目を移動する場合はTabキーを使用します。

ScreenSnapz030a1

 

Back space

入力項目を削除する場合はBack spaceキーを使用します。

ScreenSnapz030a1b

 

 

ファンクションキー

キーボードファンクションキー[F1]~[F12]は、作業時にオン/オフをコントロールできます

ScreenSnapz030a1a

 

F1

ヘルプ アクティブなツールチップ、コマンド、パレット、ダイアログ ボックスのヘルプを表示します。

 

F2

履歴表示 コマンド ウィンドウで、コマンド履歴を展開して表示します。

 

F3

オブジェクト スナップ オブジェクト スナップのオン/オフを切り替えます。

 

F4

3D オブジェクト スナップ 3D 用の追加オブジェクト スナップのオン/オフを切り替えます。

 

F5

アイソメ平面 2D アイソメ平面の設定を順に切り替えます。

 

F6

ダイナミック UCS(AutoCAD のみ) 平面サーフェスへの自動 UCS 位置合わせのオン/オフを切り替えます。

 

F7

グリッド表示 グリッド表示のオン/オフを切り替えます。

 

F8

直交モード カーソルの動きを、垂直方向または水平方向に固定します。

 

F9

グリッド スナップ カーソルの動きを、指定したグリッド間隔に制限します。

 

F10

極トラッキング カーソルの動きを、指定した角度に制限します。

 

F11

オブジェクト スナップ トラッキング カーソルを、オブジェクト スナップ位置から水平方向または垂直方向にトラッキングします。

 

F12

ダイナミック入力 カーソルの近くに距離と角度が表示されます。[Tab]を使用してフィールド間を移動し、入力することができます。

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です