item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 item1a item12a1
item12a1

HOME > AutoCAD 共通マニュアル

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

AutoCAD 共通マニュアル

3Dソフト 
 

AutoCADインタフェース


LT 2004のインタフェース 

(AutoCAD2004使い方)

LT2010のインタフェース 

(AutoCAD2010使い方)

LT2013のインタフェース 

(AutoCAD2013使い方)

LT2015のインタフェース 

(AutoCAD2015使い方)

LT2016のインタフェース 

(AutoCAD2016使い方)

AutoCAD 3Dインタフェース 

(AutoCAD3D入門β)
 

AutoCADの基本


CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング

CADの命令

AutoCADの座標

オプション設定 

(はじめて使うAutoCAD LT)

 

ライセンス管理 

サブスクリプション 

オートデスクIDの作成
 

AutoCADの作図


【基礎】

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート

コマンドオプション 

(AutoCAD2013使い方)

プロパティ 

(AutoCAD2013使い方)

 

【作図ツール】

AutoCAD LT 作図フロー

 

【応用】

異尺度対応オブジェクト 

(はじめての異尺度対応)

土木系測量座標 

(土木系AutoCAD・測量座標)

シートセット 

(AutoCAD2013使い方)
 

図面枠の利用


モデル空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の図面枠 

(AutoCAD2013使い方)

テンプレートの利用 

テンプレートダウンロード

CAD製図基準 

(AutoCAD2013使い方)

図面枠データダウンロード 

(各種ダウンロード)
 

AutoCADの印刷


印刷の基本 

(AutoCAD2013使い方)

モデル空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

レイアウト空間の印刷 

(AutoCAD2013使い方)

印刷スタンプ 

(AutoCAD2013使い方)
 

sponsored link

AutoCAD共通マニュアル / AutoCADの基本    表示画面のコントロール

 

 

 

【表示画面のコントロール】

 

 

表示画面の移動

 

スクロールボタンのドラッグ

images4 

マウスの中央にある回転するボタンを、押したままドラッグするとアイコンが変化し表示画面を動かすことができます。

LT 2015
ScreenSnapz062

 

オブジェクトが左に表示されている
ScreenSnapz063

 

スクロールボタンを右方向へドラッグすることで表示画面が移動しオブジェクトは右側に表示された
ScreenSnapz065

 

 

ナビゲーションバーによる画面移動

ScreenSnapz066 

ナビゲーションバーの"手アイコン"をクリックすると手の形をしたカーソルに変わります

ScreenSnapz067

その状態でクリックすると開いた手のカーソルが、握った手のカーソルに変わります。そのままドラッグをすることで画面移動ができます。解除するにはESCキーを押します。

 

 

ステアリングホイールによる画面移動

ScreenSnapz066b 

上図の赤枠のアイコンをクリックすることでホイールが表示されます。

ScreenSnapz081

画面移動のスペースにカーソルを移動させます。(淡い紫色に変わります。)クリックすることでカーソルが上下左右の矢印にかわり、表示画面が自由に移動できます。

ScreenSnapz082


 

表示画面の拡大・縮小

 

スクロール

images4a1 

スクロールボタンを前方向に回すと表示画面が拡大され、後方向に回転させると縮小されます。ある一定の場所で拡大・縮小されなくなる場合がありますが、これはメモリを浪費しないための仕様です。それ以上に拡大・縮小させたい場合は、再作図コマンドを実行します。

REGEN

ScreenSnapz068

コマンドを入力しエンターキーを押すことでさらに拡大縮小ができるようになります。

 

ナビゲーションバーによる表示画面の拡大・縮小

ScreenSnapz066a 

ナビゲーションバーの上図-赤枠▼をクリックすると色々なズームを選択できます。

ScreenSnapz069

初期設定ではオブジェクト範囲ズームになっています。

 

オブジェクト範囲ズームScreenSnapz070

作図されたオブジェクト、文字を優先して画面いっぱいに表示します。

 

窓ズームScreenSnapz071

画面の対角2点をクリックして、選択した部分を拡大できます。

 

前画面ズームScreenSnapz072

AutoCADが今までの位置を記憶して、現在の一つ前の表示位置、表示倍率に戻します。クリックする毎に一つ前に戻ります。

 

リアルタイムズームScreenSnapz073

スクロールボタンを利用した拡大・縮小と同じ機能が得られます。

 

図面全体ズームScreenSnapz074

設定してある図面範囲、オブジェクト、文字がある部分がすべて表示されます。

 

ダイナミックズームScreenSnapz075

矢印の付いた枠と×の付いた枠を利用してビューポートいっぱいに表示させます。少し使いにくい感じがします。

 

倍率ズームScreenSnapz076a

倍率を指定します。

 

中心点ズームScreenSnapz077

中心点を指定してズームさせます。

 

選択オブジェクトズームScreenSnapz078

選択したオブジェクトを画面いっぱいに表示させます。

 

拡大ズームScreenSnapz079

クリックする毎に決まった倍率で拡大されます。

 

ズームアウトScreenSnapz080

クリックする毎に決まった倍率で縮小されます。

 

 

 

ステアリングホイールによる拡大・縮小

ScreenSnapz066b1 

上図の赤枠のアイコンをクリックすることでホイールが表示されます。

ScreenSnapz083

ズームのスペースにカーソルを移動させます。(淡い紫色に変わります。)クリックすることでカーソルがルーペにかわり、表示画面が自由に拡大縮小できます。

ScreenSnapz084

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です