AutoCAD操作説明書

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD LT ワンポイント

AutoCAD LT ワンポイント

item10a

AutoCAD LT ワンポイント メニュー

MacBook Pro RetinaでAutoCAD for Mac2014〜2015を使用すると線が細すぎる

AutoCAD for Mac 2014からRetinaディスプレイに対応し、とても繊細な表示が可能となっています。ところがあまりに繊細すぎて見にくい時もあります。Retina非対応に設定を変更することができます。

 

下図はAutoCAD for Mac 2014でRetina対応した表示です。

ScreenSnapz082

 

下図はAutoCAD for Mac 2015でRetina対応させていません。オブジェクトの線が太く見えます。

ScreenSnapz083

Retina対応表示は綺麗ですが、小さなディスプレイで使用する場合にはRetinaに対応していない方が見やすい場合もあります。

 

 

AutoCAD 2015 for Mac の設定方法

 

アプリケーションから"Autodesk"フォルダ→"AutoCAD 2015"フォルダ→"AutoCAD 2015.app"を右クリックします。

ScreenSnapz084

"情報を見る"を選択します。

ScreenSnapz085

低解像度で開くにチェックを付けます。

ScreenSnapz086

これで設定が完了しました。

sponsored link