item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > 超初心者のJW_CAD 使い方

Jw_cadJiro Shimizu & Yoshifumi Tanakaが著作権者です。

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link



 

超初心者のJW_CAD 使い方


MENU 
 

(1)JW_CADの画面構成


画面構成メニュー 
 

(2)ダウンロード・インストール


JW_CADのインストール 
 

(3)設定・準備・ファイル操作


設定・準備・ファイル操作 
 

(4)実際の作図操作


実際の作図操作 
 

(5)図面枠を書いてみる


図面枠の作成 
 

(6)図面枠の利用方法


図面枠の利用 
 

(7)とりあえず印刷


とりあえず印刷 
 

(8)オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング


 

(9)オブジェクト編集・設定


スナップ・グリッド

表示画面のコントロール


 


超初心者のJW_CAD 使い方 ≫ (6)図面枠の利用

 

2013/08/11 内容を少し修正しています。

こちらのサイトでダウンロードできる図面枠を実際に利用してみましょう。とりあえずA3横サイズ(1:100)の枠を利用しますので、JW_CADの縮尺と用紙の設定を行います。

 

説明ファイル名:R12-A3H100.dxf ダウンロード

ScreenSnapz054

用紙サイズ、縮尺の変更

メニューバー→"設定"→"用紙サイズ"を"A3"に変更します。

ScreenSnapz052

メニューバー→"設定"→"縮尺・読取"で縮尺を1 / 100を入力しOKをクリックします。

ScreenSnapz061

ScreenSnapz060a

次にこのサイトのダウンロードコーナーから図面枠をダウンロード(バージョンはR12/LT(DXF)から選択します。ファイル名は"R12-A3H100.DXF")してJW_CAD のフォルダに入れておきます。フォルダの場所はデフォルトでは”C:¥jww”になっています。

ScreenSnapz055

JW-CADから"R12-A3H100.dxf"というファイルを開きます。メニューバーファイル→DXFファイルを開くを選択。

ScreenSnapz056

ファイルをあらかじめ"Cドライブ"の"jwwフォルダ"に保存してたので、すぐにボックスに表示されています

ScreenSnapz057

このファイルをダブルクリックすると枠と表題欄が付いた図面が開きます。

ScreenSnapz058

表題欄の文字が四角になっていますが、拡大すると文字が表示されます。

ScreenSnapz059