item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > 超初心者のJW_CAD 使い方

Jw_cadJiro Shimizu & Yoshifumi Tanakaが著作権者です。

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]


超初心者のJW_CAD 使い方 ≫ (2)ダウンロード・インストール

2017/06/01  マイナーアップデートV8.03aに伴い"バージョンの変更点"を追加しました。

2017/05/07  マイナーアップデートV8.03に伴い"バージョンの変更点"を追加しました。

2017/02/23  マイナーアップデートV8.02bに伴い"バージョンの変更点"を追加しました。

2017/02/08  最新バージョン8.02のアップデートに伴い内容を一部更新しました。

①ダウンロード方法

JWCADの本体は、こちらのサイトのリンクからダウンロードできます。

 Jw_CADのページ ダウンロード

ScreenSnapz150
        

2017/06/01 現在はjww803a.exeとjww711.exeいうファイル名になっています。(最新版と安定版の2種類がダウンロードできるようになっています。)

ダウンロードするには、トップページの"ダウンロード"をクリックし、下図の"jwcad.net"をクリックします。

ScreenSnapz2

Windows7及びWindows8、Windows8.1の場合はクリックと同時にダウンロードが始まります。

ScreenSnapz100

②インストール方法

ダウンロードが完了したらブラウザ画面下に下図の様に"jww800.exe"のアイコンが表示されていますのでクリックします。

ScreenSnapz1

下図が表示されたら"実行"をクリックします。

ScreenSnapz101

ウィザードが表示されますので"次へ"をクリックします。

ScreenSnapz103 

使用許諾契約画面になりますので"同意します"を選択して"次へ"をクリックします。

ScreenSnapz104

はじめてインストールする場合はこのまま"次へ"をクリックします。旧バージョンがある場合は、同じ場所にインストールすると"書き込みができない"みたいなメッセージがでてインストールできません。この場合、一度インストールを中止して、インストール先を変更することで完了できます。

(例えば"jww2"のフォルダを作成してインストール先に設定する)

ScreenSnapz105

インストールをクリックします。

ScreenSnapz106

すぐにインストールが完了します。起動する場合、今回のバージョンから"ショートカットの作成"がされないと思いますのでスタートのプログラムから"jw_CAD"を選択して実行します。

ScreenSnapz110

 

Jw_CADアップデートの変更点 (オフィシャルページより引用)

 

v8.03aの変更

Version 8.03a での変更点は以下のとおりです。(2017/05/14)

・Direct2dで,線端部の形状を「丸」以外にすると、表示が単色になってしまう現象(Ver.8.03 で発生)を回避した。

・設定メニューの「色・画面」タブで「dpi切替」を押したとき、「線幅:」に続く「300dpi」の文字が表示されないことがある現象を回避した。

 

v8.03の変更

Version 8.03 での変更点は以下のとおりです。(2017/05/06)

・Direct2Dでの色指定の処理を見直した。

・寸法コマンドの「寸法値」で寸法値を移動するとき、移動方向を縦横選べるようにした。

・寸法の矢印に、塗りつぶし(ソリッド)を指定できるようにした。

・複線コマンドで「移動」を指定したとき、元レイヤへの移動を選択できるようにした。

・レイヤバーの表示の調整を行った。

・レイヤバーの初期化の処理を調整した。

 

v8.02bの変更

Version 8.02b での変更点は以下のとおりです。(2017/02/18)

・文字コマンドで、文字を選択直後に文字列の先頭にカーソルを合わせてドラッグによる文字貼付を行うと元の文字列がすべて消えてしまう現象(V.8.02aで発生)を回避した。

(文字入力にフォーカスが戻った時の文字カーソル位置の復元方法を見直した。)

 

v8.02の変更

Version 8.02 での変更点は以下のとおりです。(2017/02/05)

・高いDPI認識のためのリソースとして、500%までの倍率 を準備した。

これに伴い、各種ダイアログおよびその部品の調整を行った。

・ツールバーに、ユーザーバー(3)~(6)を追加し、初期化設定できるようにした。

・複線コマンドに元レイヤのまま移動する機能を追加した。

・寸法コマンドの寸法値で寸法値移動を行う場合、文字列方向に対して任意・横・縦・横縦方向を指定できるようにした。これに伴いコントロールバーの表示を 変更した。

([任意方向]を左クリックすると任意・横・縦・横縦の順、右クリックで逆順になる。)

 

v8.01bの変更

Version 8.01b での変更点は以下のとおりです。(2016/03/20)

 ・Direct2Dでの以下の現象を回避した。

 ・点線、一点鎖線等が表示されないことがある。

 ・複写・移動コマンド実行後、選択図が選択色のまま残ってしまう。

 ・複線コマンド実行後、複線にする線が点線・一点鎖線等の場合選択色のまま残ってしまう。

 

v8.01aの変更

Version 8.01a での変更点は以下のとおりです。(2016/03/13)

 ・Direct2Dでの以下の現象を回避した。

 ・点線、一点鎖線等が表示されないことがある。

 ・複線コマンド実行後、複線にする線が選択色のまま残ってしまう。

 ・高いDPI時のメニューバーの以下のボタンの大きさを調整した。

  線コマンド、多角形コマンドでのソリッドの「任意」ボタン

 

v8.01の変更

Version 8.01 での変更点は以下のとおりです。(2016/02/28)

・高いDPI認識に対する対応を行った。

・タッチ操作の仕様を以下の通り変更した。

・タッチ操作を開始するとクロスライン表示となる。

・タッチ後、ゆっくりスライドすると、クロスラインが追従し、指を離したポイントが指示点となる。

・タッチ直後にすぐにスライドすると、クロックメニューに移行する。

・2本指でタッチする(ピンチイン・ピンチアウト)と、1本指に戻したのちも画面スライド状態となる。

・3本指でタッチしてすぐに離すと、右クリック⇔左クリックの切替となるようにした(暫定対応)。

・Vistaで画像を含んだデータを表示する場合、Direct2Dを使用しないようにした(実機では未確認)。

・Direct2D表示のとき、目盛の点が最後に書いた線色・文字色で表示される現象を回避した。

・範囲選択後の”基準点変更” 右クリック直後に基準点が表示がされないことがある現象を回避した。

 

v8. 00b〜v8.00dの変更

・表示をDirect2Dに設定した際の以下の表示が遅くなる現象を回避した。

移動の元図形の消去 

ペイントハッチ

・Direct2Dでの表示に時間が掛かる場合、一定時間毎に強制表示 するようにした。

・マウスでのスライドの際、クロスラインカーソルも追従するようにした。

 

v8.00cの変更

・不具合がありこのバージョンは削除となりました。

 

v8. 00a〜v8.00bの変更

・アンドゥのとき表示が遅くなる現象が残っていたものを解消した。

・黒バックのとき、画面操作等により画面が一瞬白くなる現象を回避した。

・コマンド番号(150・151)のズーム機能を、Shiftキー+で使うと異常となるバグをフィックスした。

・「Shift+左ドラッグで画面スライド」にチェックを入れてもShift+左クリック操作ができるようにした。

・ピンチ・ストレッチのとき、予期しない倍率となる現象を回避した。

・タッチパネル上の2本目の指でのタッチを右クリックとして判定する条件を緩和した。

 

v8. 00〜v8.00aの変更

・表示をDirect2Dに設定した際の以下のバグをフィックスした。

□編集操作等の表示が遅くなる。

□「文字表示と枠表示の切替ドット数」を2に設定し、文字を縮小表示したとき、「m_pDWriteTxtFmt 失敗」というエラーが出る。

□「文字の範囲を背景色で描画」に設定し、白バック画面にすると文字の部分が塗りつぶされて表示される。

□ソリッドを任意色以外の色に設定すると、黒く表示されてしまう。

□仮点が表示されない。

 

v7. 11〜v8.00の変更

・画面表示にDirect2Dを使用するようにした。

・Windows8 のタッチ操作に対応した。(ピンチまたはストレッチによるズーム、スライドによるスクロール)

・Shift+両ボタン(または左ボタン)ドラッグで、画面がスライ ドするようにした。(基本設定→[一般(2)] で左ボ タンドラッグによるスライドを指定したときは、包絡コマンドの[Shift+左ボタン]による中間線消去は使用できない)

・ファイル選択にコモンダイアログを使用できるようにした。(基本設定→[一般(1)] )

・建具(平面、断面、立面)でソリッド図形と楕円を使用できるようにした。(フォルダー「変更建具データ」内の「JW_OPT1.DAT」、「JW_OPT3.DAT」のデータ説明参照)

・記号のソリッド図形に一部機能を追加した。(フォルダー「変更建具データ」内の「JW_OPT4.DAT」のデータ説明参照)

・ファイル名の部分表示を追加し、印刷時に使用できるようにした。

・AUTO以外で[消去]を2回選択すると連続範囲選択消去、[寸法]を2回選択すると寸法角度が 90°と 0°の切換えになるようにした。(環境設定ファイル「S_COMM_9」の 4 を参照)

・FILE選択ダイアログの画面最大分割数を32まで設定できるようにした。(環境設定ファイル「S_COMM_0」の10 を参照)

・環境設定ファイルの「文字入力ダイアログの縦サイズ」の標準値を変更した。(環境設定ファイル「MSET」の 5 を参照)

・包絡に「建具線端点と包絡」を追加した。

・分割コマンドに円全周分割を追加した。(分割数入力→右クリックで分割始点指示→分割する円を右クリックで指示)

・DXF出力の際、線種名が空の線が出力されエラーとなる現象を回避した。

・3DS出力を廃止した。

・インストーラーに InstallShield を使用するようにした。

Jw_cadJiro Shimizu & Yoshifumi Tanakaが著作権者です。

sponsored link



 

超初心者のJW_CAD 使い方


MENU 
 

(1)JW_CADの画面構成


画面構成メニュー 
 

(2)ダウンロード・インストール


JW_CADのインストール 
 

(3)設定・準備・ファイル操作


設定・準備・ファイル操作 
 

(4)実際の作図操作


実際の作図操作 
 

(5)図面枠を書いてみる


図面枠の作成 
 

(6)図面枠の利用方法


図面枠の利用 
 

(7)とりあえず印刷


とりあえず印刷 
 

(8)オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング


 

(9)オブジェクト編集・設定


スナップ・グリッド

表示画面のコントロール