item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > はじめて使うAutoCAD LT

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link

はじめて使うAutoCAD LT


MENU AutoCADとは
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 
 

(3) インタフェース


画面(インタフェース) 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図 MENU 

①作図前の準備

②作図に合わせた各種設定

③用紙サイズを枠として作成

④オブジェクト作成・寸法線 

⑤縮尺・用紙にあった印刷 
 

〓 作図レッスン MENU 〓

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成(1) 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成(2) 

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成

 

(8) オブジェクト編集


選択

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD (4)操作の基本 ≫ ファイル保存方法

ファイル保存方法

 

名前を付けて保存

名前を付けて保存する場合は、アプリケーションボタンをクリックして、"名前を付けて保存"→"図面"を選択します。

ScreenSnapz058

"図面に名前を付けて保存"ダイアログが出てきます。

①保存先にデスクトップ等、解りやすい場所を指定します。ここでは例としてデスクトップを選択します。

ScreenSnapz016

②ファイル名に解りやすい名前を付けます。この時、拡張子は変更しないようにします。

③保存ボタンをクリックして保存が完了します。

ScreenSnapz016a

 

ファイルの種類

最新はAutoCAD LT2018/2018のDWG形式となっています。

ScreenSnapz320

 

 

上書き保存

上書き保存する場合は、アプリケーションボタンをクリックして、"上書き保存"を選択します。

ScreenSnapz061

または"クイックアクセスツールバー"にあるアイコンをクリックします。

ScreenSnapz060

 


 

同時に2つのファイルを開く

AutoCADを使用していると同時にファイルを何個も開くことがでてきます。AutoCAD(LT)2014バージョンからは"ファイルタブ"が追加されたため、タブをクリックすることで簡単に切り替えることができるようになっています。

ScreenSnapz059

 

AutoCAD(LT)2013以前のバージョン

例えば新規ファイルをDrawing1.dwgとDrawing2.dwgを同時に開いている場合の切替方法を説明します。

item2

Windowsのステータスバーアイコンでも切り替えられますが、Ctrl+TABでも簡単に表示が切り替えられます。またAutoCADに慣れてきたらステータスバーのクイックビューを利用してもいいかもしれません。

 

クイックビュー

item3

 


 

バックアップファイルと自動保存ファイル

 

バックアップファイル

バックアップファイルは拡張子 .bak のついたファイルでAutoCADを手動で保存する場合(上書き保存されるたびに作成)に自動的に作成されます。

例えば"バックアップ.dwg"というファイルを作成し、作業がすすんで一度上書き保存した場合に都度同じ名前で作成されます。

ScreenSnapz321

ファイルをなくした場合、壊れた場合などバックアップファイルを利用したい場合は、拡張子を.dwgに変更しAutoCADで開きます。

システム変数 ISAVEBACK が"1"の場合バックアップファイルが作成

ScreenSnapz322

 

 

自動保存ファイル

自動保存ファイルとは、自動的に作成されるバックアップ ファイルです。自動保存ファイルは初期設定で有効となっており、自動保存の間隔(分単位)は、[オプション]ダイアログ ボックスの[開く/保存]タブ、またはシステム変数 SAVETIME を使って設定できます。

自動保存は、図面が最後に保存された後に変更された場合にのみ実行されます。QSAVE[クイック上書き保存]、SAVE[保存]、SAVEAS[名前を付けて保存]を実行すると、現在の .sv$ ファイルが削除され、自動保存のタイマーが停止し、図面に編集が行われるまで待機します。

ScreenSnapz323

AutoCAD がクラッシュしたり起動中に異常終了した場合は、自動保存ファイルがあれば .sv$ ファイルに保存されたデータを修復できます。それを行うには、拡張子 .sv$ を .dwg に変更し、そのファイルを AutoCAD で開きます。自動保存ファイルには、最後に自動保存を実行したときのすべての図面情報が含まれています。AutoCAD が正常に終了した場合、.sv$ ファイルは自動的に削除されます。

自動保存ファイルを保存する場所は、[オプション]ダイアログ ボックスの[ファイル]タブで、[自動保存ファイルの場所]を展開してパスを指定するか、システム変数 SAVEFILEPATH を使って指定できます。どのフォルダにファイルが保存されるかを確認したら、Windows エクスプローラでそのフォルダに移動して .sv$ ファイルを修復します。既定では、この保存場所はオペレーティング システムの TEMP 環境変数に基づいて決定されます。

ScreenSnapz324

自動保存の機能は、[オプション]ダイアログ ボックスの[開く/保存]タブにある[自動保存]を選択解除するか、システム変数 SAVETIME の値を 0 に設定すると無効にできます。

注: 自動保存の機能を無効にすると、作図中に AutoCAD が自動的に sv$ ファイルを作成することができなくなります。クラッシュが発生した場合に、データの修復に使用するための一時ファイルが生成されなくなってしまいます。

TIME コマンドによって次に自動保存されるまでの残り時間を確認したり、図面に変更が加えられたかを確認できるので、自動保存ファイルが生成されるかどうかを追跡するのに役立ちます。

 

 

図面修復管理

[図面修復管理](DRAWINGRECOVERY コマンド)は、AutoCAD がクラッシュしたときに開いていた図面だけでなく、その図面に関連するバックアップ ファイルと自動保存ファイルを探して開くのに役立ちます。

ScreenSnapz325

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。