item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1
item12a1
item12a1

[HOME] [LT2013使い方] [フローチャート] [はじめて使うLT] [LT2012使い方] [LT2010使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [DraftSight Win] [DwgTrueView] [各種ダウンロード]

item7a

HOME   DraftSight 使い方 for Windows  

 

DraftSight 使い方 MENU

 (1)DraftSight動作環境

  動作環境

 (2)インタフェース

  インタフェースの説明

 (3)インストール

  ダウンロード・インストール

  更新プログラム

 (4)基本操作

  基本操作メニュー

   ①基本操作例

   ②マウスの操作

   ③画面のコントロール

   ④ファイルの操作

   ⑤モデルとレイアウト

   ⑥ツールバーとコマンド

 (5)実線作図

   ①図面範囲、図枠の配置

   ②ファイルの保存

   ③実際の作図

   ④移動・拡大、縮小

   ⑤寸法線の配置

   ⑥オブジェクトの削除、分解

   ⑦印刷について

 (6)作業別マニュアル

  作業別マニュアルメニュー

  ①基本図形の描き方

    直線 長方形 円と円弧 ポリライン

    ハッチング 文字入力 

  ②オブジェクトの配置

    コピー 移動 回転 パターン 鏡像

  ③オブジェクトの修正

    トリム 延長 オフセット フィレット

    面取り 尺度 分割 溶接

  ④その他の作業

    エンティティ 計測 ブロック  

    画層 線の太さ 線種  寸法線

 (7)図面枠ダウンロード

  図面枠のダウンロード

 (8)座標について

  DraftSightの座標について

DraftSight 更新プログラム

新バージョンがアナウンスされています。(DraftSight 2015) 2014/10/25

こちらのページにアクセスしてWindows32bit / 64bit版をダウンロードします。

ScreenSnapz001a

※はじめてインストールする方はこちらを参照してください。ここではDraftSightがすでにインストールされている場合のアップデートの方法を説明しています。

ScreenSnapz002

ダウンロードが完了したらインストール実行をクリックします。

ScreenSnapz003a

スタンドアロンにチェックを付けて次へ

ScreenSnapz005

同意してインストールを開始します。

ScreenSnapz006  

後は自動的にインストールが開始されインストールが完了します。

ScreenSnapz007

有料の"DraftSight Professional"の案内が表示されます。必要なければ"不要"をクリックします。

ScreenSnapz008

次に"移行アシスタンス"が表示されます。設定の移行元に自分の使用していたバージョンを選択して"OK"をクリックします。

ScreenSnapz009

移行プロセスが完了します。

ScreenSnapz010

当方の環境では下の警告が表示されましたが問題なく使用できているようです。

ScreenSnapz011

新バージョン"DratftSight 2015"が起動されます。

ScreenSnapz012

item12a1a