AutoCAD操作説明書

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD LT ワンポイント

AutoCAD LT ワンポイント

item10a

AutoCAD LT ワンポイント メニュー

連続して距離を測定したい

対応バージョン AutoCAD 2010(LT)〜2011(LT)

 

作図したオブジェクトの距離を測定したいが1回1回測定するのが煩わしいので連続して測定したい。

 

例えば下図のような"線分"だけで書かれたオブジェクトがあるとして、全体の長さを求めたい場合

item9

1辺1辺の距離は距離測定で求められますが全体となると1辺ずつ足していかなければなりません。そこでここでは一度ポリラインで同じ場所に作図します。色分けして赤で書いてみましょう。

まずオブジェクトの色を赤に変更します。

item11

リボンのホームパレットからポリラインを選択します。

item10

同じ場所をスナップさせて作図します。

item12

 

全部の線をポリラインで作図してESCで解除します。

item13

次に距離を測定します。コマンドラインに"LEN"と入力します。(LENGTHEN 長さの変更コマンド)オブジェクトの選択になりますので、さきほど書いた赤い線をクリックします。ポリラインなので1辺を選択すると全部が選択されます。

item14

クリックしたらそのままエンターを押します。これで全体の距離が測定されました。

item15

現在の長さ"80454"となっています。これは80(m)45(cm)4(mm)ということです。最後に赤い線をクリックして選択状態にしておき削除します。

sponsored link