AutoCAD操作説明書

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD LT ワンポイント

AutoCAD LT ワンポイント

item10a

AutoCAD LT ワンポイント メニュー

オブジェクトスナップトラッキングを使用する

対応バージョン AutoCAD 2010〜2011(LT)

既存のオブジェクトの位置を基準とした複写や移動を行うときに効率的な作業ができます。

 

オブジェクトスナップモードトラッキングモードにする赤枠部分をクリックでON、OFF。

item9

例えば下図の様な①から③の四角のうち3番を移動させるとき①の中点と②の中点の交差した場所を基準として移動させることができます。中点のスナップは最初には選択されていませんので作図補助設定にてチェックを入れる必要があります。位置情報を取得するにはカーソルを移動させその点に接触させます。また点を解放させるには再度取得済みの点に接触します。

オブジェクトスナップモードをオンにしておくと最大7つの点を一時的に取得できます。

item10

 

作図補助設定ダイアログ

下図のアイコンを右クリック→設定でダイアログボックスが表示されます。

item11

チェックを付ける。

item13

sponsored link