AutoCAD操作説明書

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD LT ワンポイント

AutoCAD LT ワンポイント

item10a

AutoCAD LT ワンポイント メニュー

AutoCAD for Mac においてqselectの代用。

対応バージョン AutoCAD 2012(LT) for Mac

 

AutoCAD for Macにおいて、qselectが見当たりません。その機能を代用する方法を紹介

 

例えば赤い色の文字列だけを青色に変更したい等、AutoCADではqselectを使用すると便利です。しかしAutoCAD for Macには"qselect"がないようです。そこで違う方法を紹介します。

※AutoCAD LT 2012日本語版でいう"類似オブジェクトの選択"を使用します。

item20

 

下図の様に一つの赤い文字列を選択状態にします。

item9

続けて右クリックすると下図の様なメニューが表示されますので、"Select Similar"を選択します。

item10

本来はこれで赤い文字列だけが選択されることになるはずですが、今回は文字列全部選択されています。

item11

なぜかというとオプション設定がなされていないからです。では細かい条件で選択できるようにオプションを設定してみましょう。

コマンドラインから"Select Similar"を入力します。

item12

下図の様に"Selct object or .."なっていますので下矢印キーを押します。

item13

"SEttings"をクリックします。

item14

オプションの内容を確認してみましょう。レイヤー、ネーム。オブジェクトスタイルはチェック付いていますが、カラーに付いていませんのでカラーにチェックをします。

item15   item17

"OK"を押して適用します。これで先ほどと同じように赤い文字列を選択して右クリックで"Select Similar"を選択します。今度は赤い色の文字列だけが選択されました。

 

この機能を利用することでいろいろなことが出来るようになると思います

item19

sponsored link