AutoCAD操作説明書

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD LT ワンポイント

AutoCAD LT ワンポイント

item10a

AutoCAD LT ワンポイント メニュー

曲線の含んだ平面オブジェクトの面積の計測方法

対応バージョン AutoCAD 2010(LT)〜2011(LT)

 

円、曲線が含まれている場合の平面図における面積の算出方法。

 

例えば下図のような平面図があるとして、全体の面積を求めたい場合

item9

リボンのユーティリティパネルから"面積"を選択します。

item11

 

①から④まで順番にクリックしていきます。

item10

 

次に右クリックでメニューを表示させて円弧を選択します。

item13

画面で"円弧の端点を指定または"となっていることを確認して下カーソルキーを押します。(表示されていない場合、カーソルを動かすことで表示されます。)

item14

メニューが表示されますので中心を選択してエンター。

item15

カーソルを動かすことで中心点を探すことが出来ます。この場合カーソルが下図の位置にきたときに中心点が認識されました。緑色の丸が表示されたらクリックします。

item21

下図の⑤の場所でもクリックします。最後にエンターをおして確定します。これで面積が計測できたと思います。

item23

 

ワンポイント

上の例は"線分"と"円弧"で作成された場合です。"ポリライン"で作成されている場合はもっと簡単に求められます。

リボンから面積を選択。下カーソルキーを押してメニューを表示させてオブジェクトをクリックします。ポリラインで書かれているオブジェクトを選択します。全体が選択されると思います。

item27

下図のように簡単に面積を算出することができました。

item28

 

ということから、"連続して距離を測定したい"で説明した方法で一度ポリラインで上書きして求めるという方法も便利だと思います。

sponsored link