item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 item3a item12a1
item12a1

HOME > AutoCAD LT2014 使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link

デザインソフト 
 

AutoCAD LT 2014 使い方β

MENU

AutoCAD (LT)2014 機能比較


AutoCAD VS. AutoCAD LT

LT 旧バージョンとの比較
 

AutoCAD (LT)2014 動作環境


AutoCAD(LT)2014動作環境

AutoCAD(LT)2014価格

AutoCAD(LT)2014 体験版

2014体験版の注意点

更新プログラムの適用

2014製品プロダクトキー
 

AutoCAD (LT)2014 新機能


AutoCAD(LT)2014新機能
 

AutoCAD LT 2014 使い方

 

AutoCAD作図フローMENU

※AutoCAD LT2013使い方より

基本

インタフェース 

インタフェース変更部分

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 
 

AutoCAD( LT)2014 使い方

 ScreenSnapz016

2014/03/16 AutoCAD(LT)2014 使い方メニューを追加しました。

2013/12/17 Autodesk"2014" 各種製品の"プロダクトキー一覧"を追加しました。

2013/12/01 AutoCAD(LT)2014 動作環境の"価格情報"を更新しました。

2013/10/01 AutoCAD(LT) 2014 動作環境に "SP1アップデート方法"を更新しています。

AutoCAD(LT)2014 使い方 MENU

基本的なツール、方法等については旧バージョンとあまり変わっていませんので、AutoCAD LT2013使い方、作図フローMENUを利用しています。

(1)AutoCAD (LT)2014機能比較

AutoCAD2014レギュラー版とLT版の機能比較
 
AutoCAD LT2014〜LT 2011のバージョンごとの機能比較
 

(2)AutoCAD (LT)2013動作環境

AutoCAD(LT)2014の動作環境
 
AutoCAD(LT)2014の価格 2014/01/01
 
体験版のダウンロード・インストール

体験版に関する注意点 2013/06/23     

更新プログラムの適用 2013/10/01

2014製品のプロダクトキー一覧 2013/12/17
  

(3)AutoCAD (LT)2014の新機能

新機能の紹介 2013/04/01
 
 

(4)AutoCAD LT 2014の使い方

 ・AutoCAD LT作図フロー MENU 

   AutoCADの操作が視覚的に把握できる便利な作業フロー ※AutoCAD LT2013使い方より

 

 ・基本 

   インタフェース

        ①アプリケーションメニュー②ツールバー③リボン④情報センター⑤作図領域

        ⑥UCS(ユーザー座標系)⑦コマンドウィンドウ⑧ステータスバー

        ⑨ナビゲーションバー⑩作図空間切替タブ   

   インタフェースの変更部分(LT2013からの変更箇所)

   CADの操作(マウス、キーボードの操作・ショートカット・画面のコントロール)

   スナップ・グリッド  

   オブジェクトスナップ 

   極トラッキング 

   CADプログラム実行指示の方法(リボン・ツールバー・メニューバー・コマンド)

   コマンドの種類

   コマンドエイリアス

   AutoCADの座標(ワールド座標系、ユーザー座標系、デカルト座標、極座標)

   オプション設定(ファイル・表示・開く/保存・印刷とパブリッシュ・システム・基本設定・
           作図補助・選択・オンライン)

     


 ・作図の基本  

   ゼロからの作図

   単位設定

   作図領域・用紙・縮尺

   はじめての異尺度対応

   コマンドオプション 

   プロパティ(オブジェクトの色・線種・線の太さ・印刷スタイル・透過性・情報)

     プロパティコピー 

   図面枠データの利用

   テンプレートの利用

   CAD製図基準テンプレートの利用

   モデルとレイアウトの基本

   間違いやすい二つのビューポート

   印刷の基本

     

 作図ツール※AutoCAD作図フローより選択

オブジェクト作成

選択・直線・長方形・円円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン

オブジェクト移動

複写・移動・回転・配列複写・鏡像

オブジェクト修正

トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更

オブジェクト応用

計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ

注釈関係

寸法線・マルチ引き出し線・文字

設定

線・線種尺度・線の種類・図形情報・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション

その他

オンライン・外部参照・画層の基本・画層のコントロール

     


 ・モデル

図面枠、表題欄の配置

モデル作図

モデル印刷

     


 ・レイアウト

図面枠、表題欄の配置

レイアウトの作図・印刷

異尺度の設定
 
  
 

 ・オンライン機能 

概要とID作成・サインイン
 
Autodesk360メニュー
 
オンライン機能の使い方
 
  
 

 ・シートセットマネージャ 

シートセットについて
 
シートセットの作成
 
シートセットマネージャ
 
シート(図面)の作成

 


 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です