item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > AutoCAD for Mac 使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

(9)-2レイアウト印刷

  1. モデル印刷
     
  2. レイアウト印刷
     
  3. 異尺度の設定
     
  4. 印刷スタンプ

レイアウト印刷の方法を説明します。準備としてモデルにて下図の様にオブジェクトを作配置しました。左の大きな四角は横が4000で縦が2770、右上が500×500で寸法線付き、右下が1000×200で寸法線付きで適当な場所に作図してあります。

item21

これをレイアウト画面にて設定、印刷します。

item10

 

ページ設定

まずはページ設定から開始します。グリッドが邪魔になるかもしれませんのでグリッド表示をOFFにしておきます。

item43

Layaut1を選択すると下図の様になっています。下図の赤線がビューポートです。モデル画面への覗き穴のような枠です。初期設定では1個のビューポートが配置されています。

item45

 

レイアウト画面のページ設定

画面上部にあるEdit Page Setupをクリックします。

item23

Layaout1のページ設定画面になります。

item4

 

①プリンタ/

自分の環境に合わせてプリンタを選択します。

item47

②用紙サイズ

ここではA3を選択します。

item48

図面の方向

横になっていることを確認します

item16

④印刷領域

Layautになっていることを確認します。

item49

⑤縮尺設定

最初に単位をmmにセットしてから縮尺を1:1に変更します。

item50 item51

これで設定が完了しました。OKをクリックすると、下図の様になります。赤丸のように最初に作成されたビューポートがかなり小さく表示されています。

item52

 

ビューポート

ビューポートとはモデル画面への覗き穴のような枠です。初期設定では1個のビューポートが配置されています。そのビューポートを選択状態にするため、オブジェクトの外枠をクリックします。グリップ(青い四角)が表示され大きさを変更できます。

item12

 

ビューポートの作成

ここでは3個のビューポートを作成します。新規ビューポートも作れますが(VIEWPORT)ここでは最初からあるビューポートをコピーして3個にします。

ビューポートを操作して下図の大きさに変更します

item15

選択状態であることを確認して右クリックでメニューを表示させ、クリップボードのコピーを選択します。

item18

次に画面内で右クリックして、同じくクリップボード、今度は貼付を選択します。するとビューポートのコピーが表示されますので、適当な場所でクリックします。

item19

同じ操作をしてビューポートを3個作ります。

item2

ペーパー空間とモデル空間とは

レイアウト画面にはビューポートを作成して、その中にオブジェクトを配置させるわけですが、ビューポートの内側を操作できる状態をモデル空間と呼びます。

ペーパー空間とはビューポートの外側を操作。レイアウト画面の最初の空間

モデル空間はビューポートそれぞれの中のオブジェクトを操作。

切り替え方法はビューポート内をダブルクリックでモデル空間となり、ビューポート外側をダブルクリックでペーパー空間に戻ります。

 

ペーパー空間とモデル空間の切り替え方法

ビューポートの中にあるオブジェクトを操作するためには、ビューポート内をダブルクリックします。ビューポートが黒い太線で表示されます。

item13a → item14a

これによってビューポート内のオブジェクトを移動したり拡大、縮小したりできます。マウスをスクロールさせたらオブジェクトが大きくなったり、小さくなったりすると思います。ペーパー空間に切り替えるにはビューポートの外側をダブルクリックします

ビューポート(モデル空間)の操作

①②それぞれ違うオブジェクトを表示させます。まず①に1000×200のオブジェクトを1:10で表示させてみます。

①のビューポート内をダブルクリックします。ビューポートの枠が黒い太線に変わります。オブジェクトが操作できますので拡大縮小、移動を使用して1000×200のオブジェクトをビューポート中心になるように配置します。

item14

このビューポートの縮尺設定を1:10に割り当てます。ステータスバーのビューポート尺度に1:10を選択します。

item24

オブジェクトが入りきるようにビューポートの大きさを変更します。オブジェクトの位置をずらしたい場合は再度モデルに切り替える必要があります。モデルの時に気をつけなければならないのが尺度です。スクロールボタンですぐに尺度が変更されてしまいます。尺度が変更させたら、1:10に戻します。

とりあえず①は下図の様に配置できました。全体が表示されています。

item26

次に②に500×500のオブジェクトを、今度は縮尺1:20にして配置します。先ほどと同様の作業で行います。下図のようになります。

item27

次に③に4000×2770のオブジェクトを縮尺1:10で配置します。このオブジェクトは図面枠にするために1:10縮尺のA3用紙の大きさより1cm小さい大きさとして作成してあります。

③のビューポートは画面全体になるように操作します。

item28

ビューポートを配置したら次は中のオブジェクトを操作します。

モデル空間にするために③のビューポート内をダブルクリックします。黒い太線になります。重なり合って操作が分かりにくいですが大きい四角形が図面中心にくるように配置します。できれば大きさもそれなり変更した方がやりやすいです。縮尺を1:10に変更します。四角形が破線の内側になるように移動させます。配置できたら③の外側をダブルクリックしてペーパー空間に変えます。(赤い線が4000×2770のオブジェクトです。)

item35

POINT!

ビューポートが重なっているためモデル空間に切り替えた場合ビューポートが選択できなくなりることがあります。この場合Ctrl+Rでビューポートを切り替えることができます。

と②のビューポートは画面に中心に配置します。作図のオブジェクト移動と同じ方法でビューポートを移動できます。ビューポートを選択してリボンの移動をクリック、基点を指定してから移動箇所を指定します。①と②を下図の様に配置します。

item30

このままではビューポートの枠が印刷されてしまうので印刷させないように設定します。ビューポートに何かレイヤーを割り当て、印刷不可にすることでOKです。

item31

ビューポートを赤にして印刷不可にしました。グリッド表示をOFFにしてあります。

item32

あとは最初にページ設定がされているので、このまま印刷するだけです。

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です

sponsored link

アニメーションソフト
 

AutoCAD for Mac 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD for Mac 動作環境


動作環境について

バージョン比較

サービスパック導入

ライセンス転送 

Mac OSと各バージョン
 

(2)インタフェース


インタフェース(ver 2016) 

インタフェース(ver 2017) 

インタフェースの調整 (LT)

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング
 

(3)体験版インストール


体験版ダウンロード

体験版インストール

無料学生版の使い方
 

(4)基本操作


基本操作メニュー

①AutoCAD for Mac 基本操作例

②マウスの操作

③画面のコントロール

④ファイルの操作

⑤モデルとレイアウト

⑥作図、編集ツールの使用方法

⑦ダイナミック入力について

⑧二つのビューポート

文字設定について

ゼロから始める作図
 

(5)実践作図


実践作図メニュー

①図面を描く準備

②ファイルの保存

③実際の作図

④移動、拡大、縮小

⑤寸法線の配置

⑥オブジェクトの削除、分解 

図面枠の利用 (モデル)

図面枠の利用 (レイアウト) 

テンプレートの利用
 

(6)作業別マニュアル


作業別マニュアル MENU

①基本図形の描き方

直線・長方形・円と円弧・ポリライン・ハッチング・文字入力・スプライン・点(ディバイダ・計測)

②オブジェクトの配置

複写・移動・回転・配列複写・鏡像

③オブジェクトの修正

トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合

④その他の作業

オブジェクト選択・計測・ブロック・画層・線の太さ・線種・寸法線・ワイプアウト・外部参照・外部参照
 

(7)コマンド・エイリアス


コマンド・エイリアス

①コマンド入力とは

②エイリアスとは

③エイリアスの編集

④コマンドの種類

⑤エイリアスの種類

ショートカット
 

(8)オプション設定


オプションの設定
 

(9)印刷


印刷について


モデル印刷

レイアウト印刷

異尺度の設定

印刷スタンプ
 

(10)3D機能


3D空間

モデリング表示スタイル

オブジェクトの種類 

直方体

円柱 

その他のソリッド 

境界引き伸ばし

押し出し

回転 

ロフト 

スイープ 

3D Gizmo (3D ギズモ) 

サブオブジェクト選択 

面取りエッジ 

フィレットエッジ
 

(11)座標関係


UCSの基本 
 

AutoCAD LT for Mac


AutoCAD LT for Macについて