AutoCAD操作説明書

HOME > AutoCAD 2012 新機能> MENU

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD 2012の使い方

item2

sponsored link

AutoCAD LT 2012 使い方

sponsored link

AutoCAD2012の使い方


MENU 
 

(1)AutoCAD2012機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2012動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明 
 

(3)2012新機能概要


①コマンドオートコンプリート

②重複オブジェクトの削除

③Content Explorer

④自動調整配列複写

⑤ビューポートの表示

⑥グループ機能の強化

⑦リボンメニューの新アイテム

⑧クイックプロパティ

⑨作図位置の微調整

⑩窓選択に機能が統合

⑪スナップモードの最適化

⑫グリップ編集

⑬AutoCAD WSへのアクセス 
 

(4)AutoCAD LT2012体験版


①体験版のダウンロード方法

②体験版のインストール方法 
 

(5)追加されたコマンド


追加されたコマンド・更新されたコマンド
 

(6)インターフェース


①リボン

②クイックアクセスツールバー

③カーソル

④UCSアイコン

⑤クラシック表示

⑥ステータスバー

⑦コマンドライン 
 

(7)サービスパック1の適用


解決された問題
 

(8)AutoCADオプション設定


オプション設定について

ファイル

表示

開く/保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択
 

(9)CAD製図基準テンプレート


CAD製図基準テンプレートとは

テンプレート開き方 

表題欄の入力 

ビューポート修正 

オブジェクト、寸法、文字 

印刷
 

(10)印刷、文字


印刷

文字
 

(1)AutoCAD 2012機能比較

 バージョン別に機能を比較  AutoCAD2009〜AutoCAD2012までの機能を比較

 レギュラー版とLT版の違い  AutoCAD2012とAutoCAD LT2012の違いを比較

 

(2)AutoCAD2012動作環境

 AutoCADの価格       AutoCAD2012各種の価格及びセール状況

 動作環境の説明       32bit版 64bit版の動作環境の説明

 

(3)新機能の概要        AutoCAD2012から新しくなった機能を説明

 

(4)AutoCAD2012体験版

 体験版のダウンロード方法  体験版のダウンロード方法を説明

 体験版のインストール方法  体験版のインストール方法を説明

 

(5)追加されたコマンド

 追加されたコマンド・更新されたコマンド

 

(6)AutoCAD LT2012のインターフェース

 今までとそれほど大きな変化は見られないようですが、コマンドライン関連のオート
 コンプリート機能は便利です。またクイックアクセスツールバー関連の"元に戻す・や
 り直し"の履歴なども便利そうです。

 1-リボン

 2-クイックアクセスツールバー

 3-カーソル

 4-UCSアイコン

 5-クラシック表示

 6-ステータスバー

 7-コマンドライン

 

(7)AutoCAD LT2012のサービスパック1の適用

 サービスパック1がインストール出来るようになっています。サービスパック1によっ
 て解決される項目等を説明しています。

 

(8)AutoCAD LT2012のオプション設定  

 AutoCAD LT2012の基本設定が8項目に分かれて詳細にコントロール出来るようになっ
 ています。ファイル・表示・開く/保存・印刷とパブリッシュ・システム・基本設定・
 作図補助・選択

 

(9)AutoCAD LT2012の応用  

 CAD製図基準テンプレート利用方法

 

(10)印刷・文字  New

 印刷:モデル印刷とレイアウト印刷についての説明

 文字:一行文字とマルチテキストについて

※ Autodesk、AutoCAD、DXFは米国Autodesk、Inc.米国およびその他の国における商標または登録商標です。