AutoCAD操作説明書

HOME > AutoCAD 2012 新機能> オートコンプリート

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD 2012の使い方

item2b

sponsored link

sponsored link

AutoCAD2012の使い方


MENU 
 

(1)AutoCAD2012機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2012動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明 
 

(3)2012新機能概要


①コマンドオートコンプリート

②重複オブジェクトの削除

③Content Explorer

④自動調整配列複写

⑤ビューポートの表示

⑥グループ機能の強化

⑦リボンメニューの新アイテム

⑧クイックプロパティ

⑨作図位置の微調整

⑩窓選択に機能が統合

⑪スナップモードの最適化

⑫グリップ編集

⑬AutoCAD WSへのアクセス 
 

(4)AutoCAD LT2012体験版


①体験版のダウンロード方法

②体験版のインストール方法 
 

(5)追加されたコマンド


追加されたコマンド・更新されたコマンド
 

(6)インターフェース


①リボン

②クイックアクセスツールバー

③カーソル

④UCSアイコン

⑤クラシック表示

⑥ステータスバー

⑦コマンドライン 
 

(7)サービスパック1の適用


解決された問題
 

(8)AutoCADオプション設定


オプション設定について

ファイル

表示

開く/保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択
 

(9)CAD製図基準テンプレート


CAD製図基準テンプレートとは

テンプレート開き方 

表題欄の入力 

ビューポート修正 

オブジェクト、寸法、文字 

印刷
 

(10)印刷、文字


印刷

文字
 

(3)AutoCAD2012 新機能の概要

①コマンドオートコンプリート 

たとえば下図のような交差しない2本の線分があるとします。

item3

これをつなげたい場合、簡単な方法としてフィレットを使用します。操作の方法としてはリボンのフィレットを使用するか、コマンドラインにFILLETを入力します。

コマンドラインに入力する場合"FILLET"と入力するわけですが意外とコマンド忘れることが多く2個くらいのアルファベットしか思い出せない場合があります。こんな時に便利な機能となっています。

作図領域に"F"とだけ入力してみます。そうすると関連しそうなコマンドが表示されます。

item4

この中から必要なコマンドを選択すればいいわけです。

item5

sponsored link