item12a1a
item12a1a LTlogo1a item12a1a
item12a1a AutoCAD操作説明書 item12a1a item1 item12a1a
item12a1a

HOME > AutoCAD LT2016 使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2016 使い方

MENU

(1)LT2016 新機能


AutoCAD(LT).2016 新機能 1

AutoCAD(LT).2016 新機能 2

AutoCAD(LT).2016 新機能 3

新しいコマンドと変数 

機能比較 

現時点での問題 / 対策
 

(2)LT2016 動作環境


(LT)2016 動作環境

(LT)2016の価格

体験版ダウンロード

体験版インストール 
 

(3)LT2016 インタフェース


インタフェース各部名称 

アプリケーションメニュー

クイックアクセスツールバー

リボン

情報センター

作図領域

UCSアイコン

コマンドウィンドウ

ステータスバー

ナビゲーションバー

ファイル・レイアウトタブ
 

AutoCAD LT 作図フロー

AutoCAD作図フローMENU

AutoCAD LT 作図ツール

「はじめてのAutoCAD LT」を参照

AutoCAD共通マニュアル


AutoCAD共通マニュアル 
 

AutoCADの基本

CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

CADの命令

AutoCADの座標 

 

サブスクリプション

ライセンス

 

AutoCADの作図

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート 
 

AutoCAD LT 2016 使い方 (3)LT2016 インタフェース ≫ 作図領域

(3)AutoCAD LT2016 インタフェース

①アプリケーションメニュー

②クイックアクセスツールバー

③リボン

④情報センター

⑤作図領域

⑥UCSアイコン

⑦コマンドウィンドウ

⑧アプリケーションステータスバー

⑨ナビゲーションバー

⑩ファイル・レイアウトタブ

 

LT2016インタフェース ⑤作図領域

 

最初に表示されている場所は、基本的にモデル空間の作図場所となります。線分、円・円弧、長方形などのオブジェクトまた文字や寸法などの注釈オブジェクトを作成します。

ScreenSnapz166


 

作図領域の大きさ

最初にAutoCADを起動したときの作図領域の大きさ(コンピュータディスプレイに表示されている大きさ)は個人個人の使用している環境により変わってくると思いますが、当環境のノートPCの場合だと 横が6700(mm)縦が2700(mm)程度になっています。単位がmmで設定してあれば横5m、縦2.5mの大きさになります。画面拡大、縮小で自由に調整できます。

ScreenSnapz102 座標で右上を確認した状態


 

図面範囲

AutoCADでは図面範囲というものが存在します。作図領域の大きさは無限ですが、一応自分の場合は印刷する場合の用紙大きさを図面範囲の目安としています。

例えば、A3用紙に1:100で作図する場合は、横に42000mm、縦に29700mm程度に設定することにしています。

設定方法は"limits"コマンドを使用します。最初の点(0,0)次の点(42000,29700)となります。図面全体ズームを使用した場合、この設定した範囲が表示されることになります。

 

LT 2016の初期設定の図面範囲(420、297)となっています。

ScreenSnapz103


 

スナップとグリッド

矩形状のグリッドを表示し、これにスナップすることで、短時間で効率よく作図することができます。 グリッドは間隔、角度、配列を変更することもできます。

ScreenSnapz104

ScreenSnapz105


 

グリッドとは

グリッド範囲として指定した領域全体に表示されるドットまたは線による矩形状のパターンです。グリッドを使用すると、図面の下に方眼紙を置いたときと同じような効果が得られます。グリッドは、オブジェクトの位置合わせと、オブジェクト間の距離を視覚的に確認する場合に役立ちます。グリッドは印刷されません。

下図は見やすくするために背景色を白色に変更しています。

ScreenSnapz178

 

グリッド ON

ScreenSnapz172a

グリッド OFF

ScreenSnapz173


 

スナップとは

スナップ モードを使用すると、クロスヘア カーソルは常に指定した間隔に移動します。スナップ モードをオンに設定すると、カーソルが、見えないグリッドに吸着、すなわち「スナップ」するように見えます。スナップは、矢印キーまたはポインティング デバイスを使用して正確な点を指定する場合に便利です。

スナップにはグリッドスナップ(矩形とアイソメ)とPolar Snapがあります。グリッドスナップはグリッドに合わせてスナップされるモードでPolar Snapは角度と斜距離の設定によるスナップになります。例えば極トラッキングの設定で30度にしておき、スナップ・グリッドの極間隔を30に設定してスナップを有効にした場合、カーソルは角度30度毎、距離30mmごとの位置にスナップしていきます。

グリッドスナップとPolar Snapの切替はステータスバーのスナップモードを右クリックで表示されるメニューで簡単に選択できます。

 

 

スナップ ON

ScreenSnapz175

スナップ OFF

ScreenSnapz174


 

スナップ・グリッドの設定

ステータスバーの"スナップ"アイコンを右クリックでメニューが表示されますのでその中から"スナップ設定"をクリックします。

ScreenSnapz107

設定画面

次にタブの中から"スナップとグリッド"になっていることを確認します。

ScreenSnapz108


 

外観の変更

  • [オプション]ダイアログ ボックス:

    色のテーマ、背景色、クロスヘア カーソル、グリップ、既定のファイル パス、ツールチップの表示、コマンド ラインのフォント、およびその他多くのアプリケーション要素をコントロールする設定を変更します。

    ScreenSnapz109

     
  • [ユーザ インタフェースをカスタマイズ]

    リボン、ツールバー、メニューのツールとコマンド要素をコントロールします。

    ScreenSnapz110ScreenSnapz111


     
  • [フル スクリーン表示]:

    作図領域を広げたいときに、メニュー バー、ステータス バー、コマンド ウィンドウの表示を切り替えます([Ctrl]+[0])。


     
  • [ワークスペース]:

    頻繁に使用するツールを含むワークスペースを指定します。「AutoCADクラシック」は今回から利用できなくなっています。

    ScreenSnapz112
     

 

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です