item12a1a
item12a1a LTlogo1a item12a1a
item12a1a AutoCAD操作説明書 item12a1a item1 item12a1a
item12a1a

HOME > AutoCAD LT2016 使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2016 使い方

MENU

(1)LT2016 新機能


AutoCAD(LT).2016 新機能 1

AutoCAD(LT).2016 新機能 2

AutoCAD(LT).2016 新機能 3

新しいコマンドと変数 

機能比較 

現時点での問題 / 対策
 

(2)LT2016 動作環境


(LT)2016 動作環境

(LT)2016の価格

体験版ダウンロード

体験版インストール 
 

(3)LT2016 インタフェース


インタフェース各部名称 

アプリケーションメニュー

クイックアクセスツールバー

リボン

情報センター

作図領域

UCSアイコン

コマンドウィンドウ

ステータスバー

ナビゲーションバー

ファイル・レイアウトタブ
 

AutoCAD LT 作図フロー

AutoCAD作図フローMENU

AutoCAD LT 作図ツール

「はじめてのAutoCAD LT」を参照

AutoCAD共通マニュアル


AutoCAD共通マニュアル 
 

AutoCADの基本

CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

CADの命令

AutoCADの座標 

 

サブスクリプション

ライセンス

 

AutoCADの作図

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート 
 

AutoCAD LT 2016 使い方 (1)LT2016 新機能 ≫ AutoCAD(LT)2016新機能 3

 

AutoCAD (LT) 2016の新機能 3

・PDFの機能強化 ・印刷ダイアログ ・改選されたグラフィクス ・断面オブジェクト

・点群 ・断面平面 ・断面線を抽出 ・点群の透過性コントロール ・ダイナミックUCS

・点群のオブジェクトスナップ ・点群のクロップ状態 ・点群マネージャ ・レンダリング

・コーディネーションモデル ・Navisworksのサポート ・BIM360アドインの機能強化 

 


 

PDF の機能強化

AutoCAD 2016 では、パフォーマンスや柔軟性の強化、品質の改善など、PDF のサポートが大幅 に強化されました。AutoCAD 2016 では、PDF アンダーレイが含まれた図面のズームや画面移動 は、たとえ巨大な PDF でも、非常に高速になりました。

ポリゴン化された文字(ジオメトリとして出力された TTF フォント)、SHX 文字、および Unicode 文字だけでなく、任意の書式オプションを使用したマルチ テキストや 1 行文字内の TrueType フ ォントを PDF 出力ファイル内で検索できるようになりました。また、大量の文字、ポリライン 、および塗り潰しパターンを含む図面の PDF 出力のパフォーマンスが向上しました。

[DWF/PDF 書き出しオプション]ダイアログ ボックスは、DWF 用と PDF 用の 2 つの独立したダイ アログ ボックスに分割されています。両者とも、[出力]リボン タブからアクセスできます。

item4

PDF オプションには、新しいハイパーリンクおよびブックマーク用の新しいコントロールだけ でなく、PDF 品質およびフォントを取り扱うコントロールも提供されています。

item6

item7

ハイパーリンク コントロールを使用すると、図面内のハイパーリンクを PDF ファイルに埋め込 むことができます。たとえば、シート、名前の付いたビュー、外部の Web サイトやファイルへ のリンクは、そのまま PDF ファイルからも利用できます。文字、イメージ、ブロック、ジオメ トリ、属性、フィールドなど、異なるタイプのオブジェクトからのリンクもサポートしていま す。ブックマーク コントロールを使用して、シートおよび名前の付いたビューをブックマーク (しおり)として書き出せば、PDF ファイルを表示したときに、それらの間を簡単に移動することができます。

item8

[印刷]ツールを使用して PDF ファイルを作成する場合、様々なニーズを満たす各種の PDF 出力 オプションをすばやく適用する手段として、4 種類の定義済み PDF プリセットのいずれかを選 択できるようになりました。[プリンタ/プロッタ]ドロップダウン リストから任意の XXX PDF.pc3 を選択すると、[PDF オプション]ボタンが表示され、[PDF オプション]ダイアログに簡単にアク セスすることができます。

item9

item10

[PDF 書き出し]および[バッチ印刷]ツールを使用して PDF ファイルを作成するときにも、同様の PDF プリセットおよびオプション コントロールが使用できるようになります。

item11

[シート セット マネージャ]も、これらの PDF 拡張機能をサポートするように更新されました。

item12 item13

これらのどの方法を使用して AutoCAD から PDF ファイルを作成したかに関わらず、それらが PDF ビューアから閲覧可能になることには、Unicode 文字のサポートの強化をはじめ様々なメリ ットがあります。

レイアウト名は、自動的に PDF ファイルのページ ラベルとして表示されるので、PDF を表示し た際にシートを簡単に見分けることができます。

item14

AutoCAD 図面で SHX として作成された文字は、ハイライト表示したりコピーできるだけでなく 、コメント リスト内で検索することもできます。

item15 item16


 

[印刷]ダイアログ ボックス

AutoCAD 2016 の[印刷]ダイアログ ボックスの既定の表示は展開された状態で、すべての印刷コ ントロールに直ちにアクセスすることができます。右下コーナーのコントロールを使用して、 ダイアログ ボックスを折りたたんだり展開することができます。

item17

item18


 

改善されたグラフィックス

AutoCAD 2016で、線の太さ(実線)と曲線(円、円弧、楕円、楕円弧)の外観が改善されました。改善点を確認するには、グラフィックス ハードウェアが DirectX11に対応しており、かつ、ハードウェアアクセラレーションをオンに設定する必要があります。

有効にすると、2Dワイヤフレーム表示スタイルで完全な曲線を表示することができ、どのズームレベルでもスムーズになります。


 

断面オブジェクト

[断面オブジェクト]が、AutoCAD 2016 でより柔軟になりました。[断面オブジェクト]ツールは、 ソリッド、サーフェス、メッシュ、リージョン、および現在では点群をも含む 3D オブジェク トを通過する切断面として動作する断面オブジェクトを作成します。


 

点群

AutoCAD 2016では点群機能が大幅に機能強化され、簡単で効率的に操作できるようになりました。


 

断面平面

点群は、断面平面をサポートするようになりました。[点群]コンテキスト リボン タブに、新し い[断面オブジェクト]ドロップダウン リストが追加されました。


 

断面線を抽出

[ライブ断面]がオンのときに、新しい[断面線を抽出]ツールを使用すると、点群から断面線を生成することができます。


 

点群の透過性コントロール

点によってジオメトリが部分的に隠れることがあるため、点群にスナップしたりトラッキングするときに、作成されたジオメトリが見え難いことが時々あります。この問題に対処するため、点群は透過性をサポートするようになりました。


 

ダイナミック UCS

点群は、ダイナミック UCS をサポートするようになりました。アタッチされた点群ファイルに 、[プロパティ]パレットに示されるセグメンテーション データが含まれている場合、手動でUCS を変更する必要はなく、点群の面の上で作図を開始することができます。


 

点群のオブジェクト スナップ

[作図補助設定]ダイアログ ボックスの[3D オブジェクト スナップ]タブの配置が変更され、追加された点群のオブジェクトスナップ モードの場所が確保されました。


 

点群のクロップ状態

[点群]リボン タブの[クロップ]パネルに、点群のクロップ状態に名前を付け、任意に保存および 復元できる新しいツールが追加されました。これにより、スキャンおよびリージョンの表示/非表示の状態が[点群マネージャ]に表示されている状態で保持されるだけでなく、点群のクロップ境界も保持されます。新しい POINTCLOUDCROPSTATE[点群のクロップ状態]コマンドを使用して、クロップ状態を一覧表示および削除することができます。


 

点群マネージャ

点群マネージャには、スキャンおよびリージョンのオン/オフ ボタンが常に表示されるようになりました。


 

レンダリング エンジン

以前のレンダリング エンジンは、AutoCAD 2016 の新しいレンダリング エンジンに置き換えら れました。この物理ベースのパス トレーシング レンダラーは、より良い結果が簡単に得られる AutoCAD のレンダリング方式です。以前のレンダラの UI に比べて、新しいレンダラの UI の設 定は、非常に少なくなっています。このため、以前の設定の大半は、新しいレンダリング エン ジンには有効でなくなったため、除去されています。


 

コーディネーション モデル

AutoCAD 2016 では、コーディネーション モデルの図面へのアタッチがサポートされるようにな りました。コーディネーション モデルは、プロジェクトの建設前フェーズや建設フェーズを通じて、さまざまな業種の仮想調整に使用されるモデルです。コーディネーション モデルは、2D ワイヤフレーム表示スタイルでは表示されません。


 

Navisworks のサポート

AutoCAD 2016は、Autodesk Navisworksファイル(MWD または NWC ファイル形式のいずれか) のアタッチをサポートしています。Navisworks ファイルは、[アタッチ]ツールや[外部参照管理] など、他の参照ファイルのアタッチに使用するのと同じツールを使用してアタッチすることができます。


 

AutoCAD 用 BIM 360 アドインの機能強化

BIM 360TM アドインが機能強化され、BIM 360TM Glue® ソフトウェアから単一モデルまたは合成 モデルを AutoCAD 図面にアタッチできるようになりました。新しいアタッチ ツールには、[BIM 360]リボン タブからアクセスすることができます。


 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です