item12a1a
item12a1a LTlogo1a item12a1a
item12a1a AutoCAD操作説明書 item12a1a item1 item12a1a
item12a1a

HOME > AutoCAD LT2016 使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2016 使い方

MENU

(1)LT2016 新機能


AutoCAD(LT).2016 新機能 1

AutoCAD(LT).2016 新機能 2

AutoCAD(LT).2016 新機能 3

新しいコマンドと変数 

機能比較 

現時点での問題 / 対策
 

(2)LT2016 動作環境


(LT)2016 動作環境

(LT)2016の価格

体験版ダウンロード

体験版インストール 
 

(3)LT2016 インタフェース


インタフェース各部名称 

アプリケーションメニュー

クイックアクセスツールバー

リボン

情報センター

作図領域

UCSアイコン

コマンドウィンドウ

ステータスバー

ナビゲーションバー

ファイル・レイアウトタブ
 

AutoCAD LT 作図フロー

AutoCAD作図フローMENU

AutoCAD LT 作図ツール

「はじめてのAutoCAD LT」を参照

AutoCAD共通マニュアル


AutoCAD共通マニュアル 
 

AutoCADの基本

CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

CADの命令

AutoCADの座標 

 

サブスクリプション

ライセンス

 

AutoCADの作図

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート 
 

AutoCAD LT 2016 使い方 (3)LT2016 インタフェース ≫ UCSアイコン

(3)AutoCAD LT2016 インタフェース

①アプリケーションメニュー

②クイックアクセスツールバー

③リボン

④情報センター

⑤作図領域

⑥UCSアイコン

⑦コマンドウィンドウ

⑧アプリケーションステータスバー

⑨ナビゲーションバー

⑩ファイル・レイアウトタブ

 

LT2016インタフェース ⑥UCSアイコン

 

作図領域にはユーザ座標系(UCS)と呼ばれる矩形の座標系の XY 軸を表すアイコンが表示されます。

ScreenSnapz179 ScreenSnapz183


 

ユーザ座標系(UCS)

移動可能な座標系です。UCS は 2D の作図と 3D モデリングの基本的なツールで、次のものを定義します。

  • オブジェクトを作成、編集するXY 平面(作業平面)
  • 直交モード、極トラッキング、オブジェクト スナップ トラッキングなどの機能に使用される水平方向と垂直方向
  • グリッド、ハッチング パターン、文字、寸法オブジェクトの位置合わせと角度
  • 座標入力と絶対座標の角度の原点と方向
  • 3D 操作では、作業平面、投影平面、および垂直方向と回転軸の Z 軸の方向

AutoCAD LTにはシステムで固定された「ワールド座標系(WCS)」と、ユーザーが自由に設定・変更可能な「ユーザー座標系(UCS)」の2つの座標系があります。

通常はワールド座標系を使用していますが、必要な場合はユーザーが複数のUCSを定義し、名前を付けて保存するといつでも呼び出すことができます。

UCS アイコンは、軸の方向と回転の方向の正の方向を決定する際、従来の右手の法則に従います。

item9

 

ワールド座標系(WCS)

はじめてAutoCADを起動したときは、移動も回転もできないワールド座標系(WCS)とユーザ座標(UCS)は一致しています。ユーザ座標(UCS)を動かさない限り"ワールド座標" = "ユーザ座標"ということになります。

 

UCSのコントロール

UCS の移動や回転は、2D で作業する場合に便利であり、3D で作業する場合には欠かせません。

UCS アイコンの UCS の原点および軸のグリップ、UCS アイコンのショートカット メニュー、または UCS[UCS 管理]コマンドを使用して、UCS の原点と方向を移動することができます。

 

基点グリップを使用して UCS 原点を移動するには

UCS アイコンをクリックします。四角い原点のグリップをクリックし、新しい場所にドラッグします。UCS 原点(0,0,0)が、指定した点に再定義されます。

ScreenSnapz113 ScreenSnapz181

 

X、Y、Z 軸を中心に UCS を回転するには

UCS アイコンを右クリックし、[軸回転]をクリックします。[X 軸回転]、[Y 軸回転]、または[Z 軸回転]をクリックします。カーソルをドラッグすると、UCS は、指定した軸を中心に正の方向に回転します。回転の角度も指定することができます。

ScreenSnapz182

 

3 点を使用して新しい UCS の方向を指定するには

UCS アイコンを右クリックし、[3 点]をクリックします。新しい原点を指定します。新しい正の X 軸上の点を指定します。新しい XY 平面上の点を指定します。

 

UCS の Z 軸の方向を変更するには

UCS アイコンを右クリックし、[Z 軸]をクリックします。新しい原点(0,0,0)を指定します。正の Z 軸上の点を指定します。

 

既存の 3D オブジェクトに UCS の位置を合わせるには

UCS アイコンをクリックし、次に[移動と位置合わせ]をクリックします。位置合わせするオブジェクトに UCS アイコンをドラッグします。新しい UCS の場所をクリックします。

 

直前に使用した UCS を呼び出すには

UCS アイコンを右クリックし、次に[直前]をクリックします。

 

WCS の方向に UCS を呼び出すには

UCS の原点のグリップをクリックし、次に[ワールド]をクリックします。


 

UCS関連コマンド

•PLAN[プラン ビュー] 

指定したユーザ座標系の XY 平面の直交投影ビューを表示します。

 

•UCSICON[UCS アイコン管理] 

UCS アイコンの表示/非表示、位置、外観、選択性をコントロールします。 グリップを使用して UCS アイコンを操作できます。この設定は、システム変数 UCSSELECTMODE でコントロールされます。
 

UCS の原点の位置がビューポートに表示されていない場合、UCS アイコンはビューポートの左下コーナーに表示されます。
 

ペーパー空間とモデル空間では、表示される UCS アイコンが異なります。モデル空間では、2D アイコン表示スタイルと 3D アイコン表示スタイルを選択できます。

2D: UCS が WCS(ワールド座標系)と同じ場合は、英字の W がアイコンの Y 部分に表示 れます。Z 軸がビュー平面と平行になるように UCS を回転すると、つまり視線方向が XY 平面のエッジと垂直になるように UCS を回転させると、2D UCS アイコンは折れた鉛筆状のアイコンとして表示されます。

3D: 現在の UCS が WCS と同じ場合に、XY 平面の原点に四角形が表示されます。このとき、上(正のZ 軸)から UCS を見ていることになります。UCS を下から見ているときは、この四角形は表示されません。XY 平面の上から見ているときは Z 軸が実線で表示され、XY 平面の下から見ているときは破線で表示されます。

 

•UCSMAN[UCS 定義管理]

[UCS 定義管理]ダイアログ ボックスが表示されます。
[UCS 定義管理]ダイアログ ボックス
[直交投影 UCS 深さ]ダイアログ ボックス
[UCS の詳細]ダイアログ ボックス


•UCS[UCS 管理] 

UCS は、作図やモデリングのために、XY 平面(作業平面)と Z 軸方向を確立するアクティブな座標系です。点の指定、座標入力、直交モードやグリッドなどの作図補助の使用を簡単にし、図面を作成しやすいように UCS 原点と方向をコントロールできます。
 

ビューポートに対してシステム変数 UCSVP が 1 に設定されている場合は、ビューポートごとに異なる UCS を設定できます。


 

ユーザ座標(UCS)の詳しい説明は「土木系AutoCAD・測量座標」の(2)UCSの基本で説明しています。
 

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です