item12a1a
item12a1a LTlogo1a item12a1a
item12a1a AutoCAD操作説明書 item12a1a item1 item12a1a
item12a1a

HOME > AutoCAD LT2016 使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2016 使い方

MENU

(1)LT2016 新機能


AutoCAD(LT).2016 新機能 1

AutoCAD(LT).2016 新機能 2

AutoCAD(LT).2016 新機能 3

新しいコマンドと変数 

機能比較 

現時点での問題 / 対策
 

(2)LT2016 動作環境


(LT)2016 動作環境

(LT)2016の価格

体験版ダウンロード

体験版インストール 
 

(3)LT2016 インタフェース


インタフェース各部名称 

アプリケーションメニュー

クイックアクセスツールバー

リボン

情報センター

作図領域

UCSアイコン

コマンドウィンドウ

ステータスバー

ナビゲーションバー

ファイル・レイアウトタブ
 

AutoCAD LT 作図フロー

AutoCAD作図フローMENU

AutoCAD LT 作図ツール

「はじめてのAutoCAD LT」を参照

AutoCAD共通マニュアル


AutoCAD共通マニュアル 
 

AutoCADの基本

CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

CADの命令

AutoCADの座標 

 

サブスクリプション

ライセンス

 

AutoCADの作図

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート 
 

AutoCAD LT 2016 使い方 (2)LT2016 動作環境 ≫ 体験版インストール

AutoCAD LT 2016体験版インストール

 

下の画面になったらインストールをクリックします。

ScreenSnapz005

"同意する"にチェックをつけて次へ

ScreenSnapz009

"体験版を使用"にチェックをつけ"次へ"をクリックします。

※シリアルがある場合はシリアル番号とプロダクトキーを入力します。

ScreenSnapz010

本体プログラムのインストール画面になりますのでインストールをクリックします。

ScreenSnapz011

下図のような警告画面がでてくるかもしれません。この時は、デフォルトの"セットアップ完了後、再起動"を選択して"OK"をクリックしました。

ScreenSnapz014

あとは自動的にダウンロードとインストールを同時に行ってくれて完了するまで待ちます。下のような画面になったら完了です。"完了"をクリックしてインストールを終了させます。

ScreenSnapz013

デスクトップに新しいアイコンが登録されていると思います。

ScreenSnapz037


 

AutoCAD LT 2016の起動

デスクトップのアイコンをダブルクリックします。プログラムが実行されます。

ScreenSnapz1

2016から体験版を使用するためにはオートデスクIDが必要となります。持っていない人は簡単に取得できますので、画面下の"オートデスクIDを取得しますか?"をクリックします。IDがある場合は、IDとパスワードを入力します。

ScreenSnapz015

下の画面になりますので"続行"をクリックします。

ScreenSnapz016

体験版として使用するには"製品体験版を継続"をクリックします。

ScreenSnapz017

AutoCAD LT 2016が起動します。

ScreenSnapz018

とりあえず使用するには左上のスタートアップから"図面を開始"をクリックします。

ScreenSnapz2

新しい図面が作成されます。

ScreenSnapz019

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です