item12a1a
item12a1a LTlogo1a item12a1a
item12a1a AutoCAD操作説明書 item12a1a item1 item12a1a
item12a1a

HOME > AutoCAD LT2016 使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2016 使い方

MENU

(1)LT2016 新機能


AutoCAD(LT).2016 新機能 1

AutoCAD(LT).2016 新機能 2

AutoCAD(LT).2016 新機能 3

新しいコマンドと変数 

機能比較 

現時点での問題 / 対策
 

(2)LT2016 動作環境


(LT)2016 動作環境

(LT)2016の価格

体験版ダウンロード

体験版インストール 
 

(3)LT2016 インタフェース


インタフェース各部名称 

アプリケーションメニュー

クイックアクセスツールバー

リボン

情報センター

作図領域

UCSアイコン

コマンドウィンドウ

ステータスバー

ナビゲーションバー

ファイル・レイアウトタブ
 

AutoCAD LT 作図フロー

AutoCAD作図フローMENU

AutoCAD LT 作図ツール

「はじめてのAutoCAD LT」を参照

AutoCAD共通マニュアル


AutoCAD共通マニュアル 
 

AutoCADの基本

CADの基本操作

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

CADの命令

AutoCADの座標 

 

サブスクリプション

ライセンス

 

AutoCADの作図

単位の設定

作図領域・用紙・縮尺 

表示画面のコントロール

モデルとレイアウト

二つのビューポート 
 

AutoCAD LT 2016 使い方 (3)LT2016 インタフェース ≫ ナビゲーションバー

(3)AutoCAD LT2016 インタフェース

①アプリケーションメニュー

②クイックアクセスツールバー

③リボン

④情報センター

⑤作図領域

⑥UCSアイコン

⑦コマンドウィンドウ

⑧アプリケーションステータスバー

⑨ナビゲーションバー

⑩ファイル・レイアウトタブ

 

LT2016インタフェース ⑨ナビゲーションバー

 

画面移動やズームなどの操作が簡単にできます。個人的にはほとんど使用しませんが、初心者の方には便利なツールだと思います。

ScreenSnapz129

ナビゲーション バーは、共通ナビゲーション ツールおよび製品固有のナビゲーション ツールにアクセスできるユーザ インタフェース要素です。

共通ナビゲーション ツールは、多くのオートデスク製品に装備されています。特定の製品に固有のナビゲーション ツールもあります。ナビゲーション バーは、浮動表示にしたり、図面ウィンドウのいずれかの端に沿って表示することができます。

ナビゲーション ツールを起動するには、ナビゲーション バーのボタンをクリックするか、分割ボタンの小さい方の部分をクリックしたときに表示されるリストからいずれかのツールを選択します。

 

①2Dホイール

 item10 item10a 

このホイールを使用すると、基本的な 2D ナビゲーション ツールにアクセスできます。スクロール ホイール付きのポインティング デバイスがない場合に特に便利です。ホイールには、画面移動ツールとズーム ツールが含まれます。

  • ホイールを表示して使用する
    基本的な操作方法は、ホイールのボタンを押してドラッグします。ホイールが表示されたら、いずれかのボタンをクリックしてマウスのボタンを押したままにすると、ナビゲーション ツールがアクティブになります。ドラッグすると、現在のビューの方向を変更できます。ボタンを放すと、ホイールに戻ります。
     
  • [画面移動]
    画面表示を移動することにより、現在のビューを再配置します。
     
  • [ズーム]
    現在のビューの表示倍率を調整します。
     
  • [戻る]
    最近表示したビューの視線方向を呼び出します。クリックしてドラッグすることにより、後方または前方に移動することができます。

 

②画面移動

このアイコンをクリックするとカーソルが手の形に変わります。作図領域をドラッグして移動させます。イメージとしては書いている図面の用紙自体を動かす感じです。表示されている座標(位置)が動きます。

 

③各種ズームツール

下図の様なズームが使用できます。

item8


 

ナビゲーションバーの表示・非表示

表示

表示させるにはリボンの"表示"タブの"ビューポートツール"パレットから"ナビゲーションバーをクリックすることで表示・非表示の設定を行えます。

ScreenSnapz206

 

非表示

非表示はナビゲーションバーの右上にある×をクリックします。またはリボンの"表示"タブの"ビューポートツール"パレットから"ナビゲーションバーをクリックすることで非表示にできます。

ScreenSnapz208


 

ナビゲーションバーのカスタマイズ

右下メニューから、ナビゲーション バーに表示するナビゲーション ツールを選択します。

ナビゲーション ツール名の横にチェック マークが付いている場合は、そのツールがナビゲーション バーに表示されます。ナビゲーション バーからナビゲーション ツールを除去するには、そのツールのチェック マークをはずします。

ScreenSnapz207

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です