item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > はじめて使うAutoCAD LT

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link

はじめて使うAutoCAD LT


MENU AutoCADとは
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 
 

(3) インタフェース


画面(インタフェース) 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図 MENU 

①作図前の準備

②作図に合わせた各種設定

③用紙サイズを枠として作成

④オブジェクト作成・寸法線 

⑤縮尺・用紙にあった印刷 
 

〓 作図レッスン MENU 〓

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成(1) 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成(2) 

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成

 

(8) オブジェクト編集


選択

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT (7-2)オブジェクト作図表の作成

 "表の作成"  

 

CAD図面内に表を作成します。簡易な表作成に向いています。

ScreenSnapz249

コマンド TABLE  短縮コマンド −


 

表の挿入

 

リボン"ホーム"タブの"注釈"パレットから"表"をクリックします。

ScreenSnapz260 

"表を挿入"ダイアログボックスが表示されます。

ScreenSnapz259

ダイアログボックスにて表の設定をし、図面内に配置します。

 


 

表を挿入 ダイアログボックス

 

ScreenSnapz254

 

①表スタイル

初期設定スタイルの"Standard"の横のボタンをクリックすると"表スタイル管理"ダイアログが表示され、表スタイルを作成、修正することができるようになっています。

ScreenSnapz255

表スタイル管理ダイアログボックス

A.現在に設定

スタイル欄に表示されているスタイルを現在のスタイルに変更し設定します。

 

B.新規作成

新しい表スタイルを作成できます。

 

C.修正

作成した表スタイルを修正することができます。

 

D.削除

表スタイルを削除できます。

 

E.現在の表スタイル(スタイル欄)

作成してあるスタイルが表示されます。初期設定は"Standard"のみ

  スタイル名を右クリック

  ScreenSnapz262

F.一覧

"すべてのスタイル"か"使用中のスタイル"を選択できます。

ScreenSnapz272

 

 

②挿入オプション

空の表を作成するか、データリンクから開始するかを選べます。EXCELファイルを利用する場合はこちらを選択します。

 

③プレビュー

チェックを付けるとプレビューが表示されます。空の表を作成する場合はサンプル画面が表示されることになります。

 

④挿入時の動作

図面上に配置する表の位置を指定できます。

 

⑤列と行の設定

 

ScreenSnapz258

上記の設定の場合、下図の様に作成されます。

ScreenSnapz257

 

⑥セルスタイルを設定

タイトル、見出し、データの3種類から選択できます。


 

計算式を挿入

 

作成した表のセルに計算式を挿入することができます。

①セルを選択して右クリックから挿入

ScreenSnapz263

②セルを選択してリボンから挿入

ScreenSnapz266

例えば"合計"を選択した場合、範囲を窓選択で指定することになります。

ScreenSnapz268

ScreenSnapz269 ScreenSnapz270

計算式が挿入されて、計算結果が表示されます。

ScreenSnapz271

 


 

セルの内容を保護

 

セルを選択し右クリックでメニューを表示させます。

"ロック"から"内容と書式をロック"を選択することでセルが保護されます。

ScreenSnapz273

解除するには"ロック解除"を選択します。


 

EXCELの表を挿入

例えば下図の様なEXCELで作成した表をAutoCADの図面に挿入したい場合

ScreenSnapz274

挿入したいセルを選択し右クリックでメニューを表示させコピーをクリックします。

ScreenSnapz275

AutoCADに戻り作図領域の挿入したい画面で右クリックし、貼り付けをクリックします。

ScreenSnapz276

挿入点を指定となりますので任意の場所をクリックします。

ScreenSnapz277

OLE文字サイズダイアログが表示されますのでOKをクリックします。

ScreenSnapz278

AutoCADにEXCELの表が挿入されたと思います。

ScreenSnapz279


 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。