item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT >

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2019] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

はじめて使うAutoCAD LT


はじめて使うAutoCAD LT 


 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (4)操作の基本

 

AutoCADファイルの拡張子について

 

拡張子とは

ファイル種類識別のためファイル名の後にドットで区切られた文字列で、どんなソフトのファイル名にも拡張子というものがあります。

使用している環境によっては表示されていたり、表示されていなかったりしています。

拡張子で有名なのはEXCELであれば、○○○○.xls(バージョン2003まで)、○○○○.xlsx(バージョン2007〜)

写真ファイルだと○○○○.bmpだとか、音楽ファイルだと○○○○.wavとなっています。

 

拡張子の表示方法

Windows、Macともインストール直後は表示されない設定になっていると思います。ただ拡張子がわかった方が何かと便利だと思いますので表示方法を説明します。

 

Windows10の場合

タスクバーのエクスプローラーをクリックします。

ScreenSnapz173

上部メニューの"表示"をクリックします。

ScreenSnapz175

メニューが表示されますので、拡張子の項目にチェックをつけます。

ScreenSnapz176

これで拡張子が表示されるようになりました。

ScreenSnapz1 ⇒ ScreenSnapz2

 

 

Windows10の場合

「スタート」→「コンピューター」の順にクリックします。

「整理」をクリックして、「フォルダーと検索のオプション」をクリックします。

「フォルダー オプション」が表示されます。

「表示」タブをクリックし、「詳細設定」欄から「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して、「OK」をクリックします。

 

 

Mac OS High Sierraの場合

・1 つのファイルの場合

ファイルを選択して、「ファイル」>「情報を見る」と選択するか、Command キー+ I キーを押します。

「名前と拡張子」の横にある三角ボタンをクリックして、このセクションを展開します。

ファイル名拡張子を表示するには、「拡張子を非表示」のチェックを外します。

ScreenSnapz178

 

・すべてのファイルの場合

「Finder」>「環境設定」と選択してから、「詳細」をクリックします。

ScreenSnapz179

「すべてのファイル名拡張子を表示」をチェックします。

ScreenSnapz180

 
 

 

AutoCADの拡張子

 

DWG:AutoCADの標準ファイル形式。基本的にはこのファイル形式を使用しています。

同じDWGファイルでもバージョンの種類があり上位互換となっています。

    保存方法は"名前をつけて保存"⇒"図面"

    ScreenSnapz183

    DWGバージョンを選択して保存します。

    ScreenSnapz181

 

DXF:AutoCADの異なるバージョン間のデータ互換を目的に使用されています。

DXFへの書き出し、読み込みができるCADはかなり多いです。

    保存方法は"名前をつけて保存"⇒"その他の形式"

    ScreenSnapz184

    メニューから"DXF"バージョンを選択して保存します。

    ScreenSnapz185

 

 

DWT:テンプレート図面ファイルに使用されます。

図面内のスタイル、設定、レイアウト(タイトル ブロックを含む)が指定されています。既定の図面テンプレート ファイルがサンプルとして用意されています。

図面テンプレート ファイルを作成、保持、配付することによって、組織全体で規格やスタイルが統一されるようにします。次のような設定が指定されています。

 

計測単位と計測スタイル(UNITS[単位管理]コマンド)

作図補助単位(DSETTINGS[作図補助設定]コマンド)

画層と画層のプロパティ(LAYER[画層管理]コマンド)

線種尺度(LTSCALE[線種尺度]コマンド)

寸法スタイル(DIMSTYLE[寸法スタイル管理]コマンド)

文字スタイル(STYLE[文字スタイル管理]コマンド)

レイアウト ビューポートが設定されたレイアウトと尺度(LAYOUT[レイアウト]コマンド)

印刷とパブリッシュの設定(PAGESETUP[ページ設定]コマンド)

 

これらの設定を図面テンプレート ファイルに保存しておくと、最初に各種の設定を指定する必要はなく、設計作業を開始することができます。

 

    保存方法は"名前をつけて保存"⇒"図面テンプレート"

    ScreenSnapz182

    図面テンプレート"dwt"になっていることを確認して保存します。

    ScreenSnapz186

 

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です