item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a1 item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT2013 使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − オンライン機能 ≫ ④データの利用

 

オンライン機能 ④データの利用

①概要・ID作成・サインイン ②Autodesk360メニュー ③オンライン機能の使い方 ④データの利用

 

AutoCAD LT2013のデータをAutodesk360クラウドに保存して管理することで、より効率的な作業ができるようになります。

オンライン機能を利用したデータの復元方法はこちらを参考にしてください。AutoCAD LTワンポイント:データの復元方法

 

 

プロジェクト毎にフォルダを作成する

Autodesk360の領域にプロジェクト毎に区別できるよう、フォルダを作成します。

 

Autodesk360のブラウザからフォルダを作成

AutoCAD LT2013の"オンライン"タブの"Autodesk360"をクリックしてブラウザからフォルダを作成します。ここでは例として"Type-A"というフォルダを作成してみます。

"Autodesk360"をクリックしてブラウザを起動します。続けてドキュメントをクリックします。下図の様な画面になると思います。今は何も無い状態です。

item2

"新しいフォルダ"をクリックしてフォルダ名"Type-A"を入力して保存をクリックします。

item3 item5

画面にType-Aというフォルダが作成されたと思います。

item6

 

 

アプリケーションボタンの"開く"→"クラウドから図面を開く"でフォルダ作成

注意:Autodesk360のブラウザによる作業はクラウドに直接行うものなので問題ないですが、AutoCAD LT2013で行うフォルダ作成やファイル作成はタイムラグがあるかもしれません。確認したわけではありませんが、PC上で一度作成されたものが、同期されてクラウドに反映されるものと考えています。

 

下図の様に"クラウドから図面を開く"をクリックします。

item7

ファイル選択画面になりますので、"新しいフォルダの作成"をクリックして名前を"Type-B"にしてOK。

item8

フォルダが作成されましたのでキャンセルで閉じます。

 

 

作成中の図面ファイルをフォルダに保存

例えばTEST-保存.dwgというファイルを作成してクラウドの先ほど作成したフォルダに保存する場合

 

アプリケーションメニューから保存

アプリケーションメニューから"開く→""クラウドに図面を保存"を選択してType-Aフォルダに保存します。

item10

item11

 

オンラインの"モバイル送信"を利用して保存

オンラインタブの"モバイル送信"からでもファイルを保存することができます。

item13

例えばTEST-B.dwgというファイルを作成していた場合、モバイル送信するには一度名前を付けて保存しなければなりません。ここではデスクトップに保存してから"モバイル送信"をクリックします。

ダイアログが表示され、何処に保存するかを聞いてきますので今度はクラウドのType-Bフォルダに保存します。

item15

これでフォルダにファイルを保存できました。

item19

下図はAutodesk360のブラウザで確認した画面です。

item17

 

 

クラウドの図面ファイルを開いて編集する

アプリケーションメニューから開く

アプリケーションメニューから"開く"→"クラウドから図面を開く"で先ほど保存したファイルを開くことができます。

item18

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。