item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − 作図ツール ≫ 選択

 

一つだけの選択

オブジェクトを1つだけ選択するには、そのオブジェクトをクリックします。青色のグリップが表示され選択状態になります。

item1

 

連続選択

連続して選択する場合、そのまま次のオブジェクトを一つずつクリックして選択していきます。または始点と終点により四角形で囲むように選択します。

item2

item7

 

 

選択の解除

連続に選択して間違った場合の解除の方法は、解除したいオブジェクトを[Shift]を押しながらクリックします。そうするとそのオブジェクトだけ解除されます。 

item3

 

その他の選択方法

 

①フェンス

コマンド未選択の状態で作図領域の任意の場所をクリック。コマンドラインに下図のプロンプトが表示されますので、マウスでフェンスをクリックまたは、[F]を入力しエンターをおします。

item4

選択したいオブジェクトにカーソルを通過させていきます。

item5

最後にエンターを押してフェンス選択を終了させます。通過した部分のオブジェクトだけが選択されました。

item6

 

ポリゴン窓

選択したい部分を多角形で囲むように選択します。コマンド未選択の状態で作図領域の任意の場所をクリック。コマンドラインに下図のプロンプトが表示されますので、マウスでポリゴン窓をクリックまたは、[WP]を入力しエンターをおします。

item8

選択したいオブジェクトを囲むように選択していきます。

item9

青く囲まれた部分に入っているオブジェクトが選択されました。

item10

 

ポリゴン交差

選択したい部分を多角形で囲むように選択します。コマンド未選択の状態で作図領域の任意の場所をクリック。コマンドラインに下図のプロンプトが表示されますので、マウスでポリゴン交差をクリックまたは、[CP]を入力しエンターをおします。ポリゴン窓と違う部分は、ポリゴン窓は完全に内側に入っているオブジェクトだけが選択されましたが、ポリゴン交差は接触しているオブジェクト全部が選択されることになります。

item11

item12

 

範囲内から必要な部分だけを選択ークイック選択(QSELECT) 

例えば文字だけを選択したい場合、たくさんオブジェクトがあると選択していくのが大変だと思います。ここでQSELECTを使用することで簡単に必要なものだけを選択することが出来ます。

 

下図の様な図面データがあったとします。

item13

ここから文字オブジェクトだけを選択したい場合、まずは含まれていると思われる部分をすべて選択しておきます。範囲指定で囲むようにします。(または選択しないで、あとで図面全体を指定出来ます。)

item14

次に右クリックでクイック選択を選択するとダイアログが表示されます。

item15 item16

オブジェクトタイプをマルチテキストに設定し、プロパティを文字スタイル、演算子を(等しい)、値に文字スタイル名を選択して、OKボタンをクリックします。

item17

これで文字だけを選択することが出来ました。

item18

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。