item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − レイアウト ≫ 枠、表題欄の設置

 

レイアウト印刷における図面枠と表題欄の設置

レイアウト印刷作図の場合の図面枠と表題欄の設置方法を説明します。いくつか方法があると思いますが、ここではあらかじめ作成されている図面枠と表題欄をブロックとして取り込む方法を説明します

 

図面枠と表題欄のオリジナルの作成

図面枠、表題欄のゼロからの作成は省略しますが基本的に原寸で作成します。例えばA3横であれば420mm×297mmの大きさを目安としてそれに収まるように作成します。

下図の様な図面枠と表題欄があります。A3用紙用に1:1で作成してあります。

item1

 

 

図面枠と表題欄のブロック作成

このオブジェクトをブロックに変換します。ブロック登録で名前を付けて、オブジェクトを選択し、挿入基点を指定してOKボタンをクリックします。

item2

次にこの図面を分かりやすい名前で保存しておきます。ここでは"A3タイトル(ブロック).dwg"としました。レイアウト印刷において、このファイルを使用し図面枠と表題欄を配置します。

 

 

レイアウトのページ設定

次に作成している図面を開きます。(この時は、まだモデルに作成していると思います)例えば下図の様な図面があります。とりあえず縮尺等は気にしないで作成してあります。

item3
 

レイアウト1のタブをクリックして、そのペーパー空間を表示します。すると下図の様な感じで表示されていると思います。環境にもよりますが初期設定ではA4横の大きさの基準になっていると思います。

item4

ではこのペーパー空間のページ設定をします。図面枠と表題欄がA3用紙用に作成してありますので、ここのペーパー空間もA3横に変更する必要があります。レイアウト1のタブを右クリックするとメニューが表示されますので"ページ設定管理"クリックします。

item5

ページ設定管理のダイアログが表示されますので新規作成ボタンをクリックします。

item7

ページ設定の名前を入力します。ここでは"A3横"としています。OKをクリックします。

item8

今度はページ設定の画面になりますので、ここで最低限プリンターと用紙サイズ、用紙の方向を設定します。

item9

これで、このレイアウト1のペーパー空間の設定が完了しました。OKを押すとページ設定管理に戻りますので、"現在に設定"を押して反映させ閉じるボタンをクリックします。

item11

 

 

図面枠、表題欄(タイトルブロック)の配置

ではこの状態で図面枠と表題欄を配置します。ブロック挿入を選択し、"参照"から先ほど作成した"A3タイトル(ブロック).dwg"を開きます。

item12

ブロック挿入ダイアログに戻りますのでOKをクリックします。

item13

図面枠と表題欄のブロックが表示され、任意の場所に配置できますので破線の枠に収まるように移動させてクリックします。

item14

下図は図面枠と表題欄の配置が完了し、ビューポートを整えてみた状態です

item15

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。