item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG TrueView] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − 基本 ≫ AutoCADの座標

 

AutoCADの座標

 

①AutoCADの座標

座標は点を指定する場合に必要になってきます。例えば四角のオブジェクトを移動する際、右に3m、上に5m動かしたい場合は座標を入力することになります。この場合はデカルト座標を使用します。AutoCADで実際の入力は下図の様に(3000,5000)となります。極座標の場合は"距離"<"角度"になります。同じ位置にする場合、5831<59d2'10"となります。

※相対座標と絶対座標を意識する必要がありますが、ダイナミック入力がONの場合は相対座標が優先になります。

item6

②初期設定の座標とワールド座標系

AutoCADのモデルタブ(作図領域)には座標が存在しています。初期設定では数学座標が使用されているはずです。横方向がXで縦方向がYになっています。

item1

また0度の位置は右横(東の方向)になっていて角度の回転は反時計回りとなっています。アプリケーションメニューから図面ユーティリティの単位設定で変更できます。

item2 item3

図面を新規に開いた状態では画面の左下が(x=0,y=0)となっていて、この(0,0)をワールド座標系の原点と呼ばれています。

図面内のすべてのオブジェクトは、移動も回転もできないワールド座標系(WCS)で定義されます。新しい図面では、WCS(ワールド座標系) と UCS(ユーザー座標系) は最初は一致しています。

③ユーザー座標系(UCS) インタフェースの"UCSアイコン"で詳しく説明しています。

ユーザ座標系(UCS)は、移動可能な座標系です。UCS は 2D の作図と 3D モデリングの基本的なツールで、次のものを定義します。

UCS アイコンにより、現在の UCS の位置と方向を確認できます。UCS アイコンをクリックしたり、そのグリップを使用したり、UCS[UCS 管理]コマンドを使用して、UCS を操作することができます。UCS アイコンの表示オプションは、UCSICON[UCS アイコン管理]コマンドで使用できます。

item4 item5

④デカルト座標の入力

デカルト座標を使用して点を指定するには、X の値と Y の値をカンマで区切って入力します。X の値は、水平軸方向の正または負の距離を作図単位で表したものです。Y の値は、垂直軸方向の正または負の距離を作図単位で表したものです。

2DではZ軸の値を省略して、「X ,Y」指定することができます。この場合Z軸はELEV「高度設定」コマンドで指定された値が使用されます。初期設定では"0"になっています。

item8b

 

絶対座標

絶対座標は、X 軸と Y 軸が交差する UCS の原点(0,0)を基準にしています。絶対座標は、点の正確な X 座標値と Y 座標値が分かっている場合に使用します。

ダイナミック入力がONの状態では、# を接頭語として使用して絶対座標を指定します。ダイナミック入力がOFFの状態では座標を入力する場合、# を接頭語として使用しません。

 

相対座標

相対座標は、最後に指定した点が基準になります。相対座標は、ある点の直前の点に対する相対位置が分かっている場合に使用します。

ダイナミック入力がOFFの状態では、座標値の前に @ 記号を付けます。ダイナミック入力がONの状態では@を接頭語として使用しません。

⑤極座標の入力

オブジェクトを作成するときに、絶対または相対極座標(距離と角度)を使用して点を指定できます。極座標を使用して点を指定するには、距離と角度を左不等号(<)で区切って入力します。既定の設定では、角度は反時計回りに増加し、時計回りに減少します。時計回りの方向を指定するには、角度に負の値を入力します。たとえば、1<315 と入力すると、1<-45 と入力した場合と同じ点が指定されます。現在の図面の角度表記規則は、UNITS[単位管理]コマンドで変更できます。

距離と角度を左不等号(<)で区切って「(距離)<(角度)」形式で表します。例:5000<37d

item9

角度の入力は例えば35度30分の場合①35d30'00" または ②35.5を使用できます。

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。