item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG TrueView] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − 作図の基本 ≫ 二つのビューポート

 

間違いやすい二つのビューポート
 

AutoCADには全く違う機能のビューポートが二つあります。一つは印刷レイアウトを作成するときに使用するレイアウトビューポートで、もう一つはモデルタブの作図において画面分割をし、それぞれ異なるビューを表示するためのモデルビューポートというものです。同じビューポートという表現なので注意が必要です。

レイアウトビューポート

item3

レイアウトタブにて作成するビューポートで、レイアウト内に複数のレイアウト ビューポートを作成することもできます。ビューポートを作成した後は、必要に応じてサイズやプロパティを変更したり、尺度を設定したり移動することもできます。おもに印刷仕上がりを配置する為の機能です。

item1

新しいビューポートの作成

  • [[レイアウト]タブ[レイアウトビューポート]パネルから[矩形]を選択します。
  • クリックして新しいレイアウト ビューポートの 1 つのコーナーを指定します。
  • もう一度クリックして、対角コーナーを指定します。
  • 新しいレイアウト ビューポート オブジェクトが使用可能になり、既定のビューが表示されます。ビューを調整するには、レイアウト ビューポート内でダブルクリックしてモデル空間にアクセスします。

矩形ではないビューポートの作成

  • [レイアウト]タブ[レイアウトビューポート]パネルから[ポリゴン]を選択します。
  • クリックして新しいレイアウト ビューポートの コーナーをそれぞれ指定します。
  • 最後に閉じて完了します。
     
  • [レイアウト]タブ[レイアウトビューポート]パネルから[オブジェクト]を選択します。
  • 閉じているオブジェクトをクリックして新しいレイアウト ビューポートの指定をします。

 

モデルビューポート

モデルタブにて作成するビューポートで複雑な図面や大きい図面の場合にウィンドウを分けておいて必要な場所を表示させておく機能です。

item4

item2

モデルビューポートで出来ること

  • 画面移動やズーム、スナップ、グリッド、UCS アイコン モードの設定、名前の付いたビューの呼び出しを行う。
  • コマンド実行中にビューポートを切り替えながら作図する。
  • ビューポートの配置に名前を付けて、[モデル]レイアウトで再利用したり、名前の付いたレイアウトに挿入する。
  • 個々のビューポートでユーザ座標系(UCS)を保存しておくと、特に 3D モデルで作業する場合は便利です(AutoCAD LT では使用できません)。

 

複数のモデルビューポートを作成するには

  • [表示]タブ [モデルビューポート]パネル [ビューポート環境設定]ドロップダウン矢印をクリックします。使用するビューポート設定を選択します。
     

item7

 

現在のモデル空間ビューポートにするには

  • ビューポート境界の内側の任意の場所をクリックします。

 

モデル空間を単一ビューポートにリセットするには

  • [表示]タブ [モデルビューポート]パネル [ビューポート環境設定]で[単一]をクリックします。

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。