item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − 作図の基本 ≫ 作図領域・用紙・縮尺

 

AutoCAD LTの作図準備として、次は縮尺と用紙サイズを決めます。特にモデルで印刷する場合は重要です。

 

重要:縮尺について

異尺度対応オブジェクトという便利な機能がAutoCAD2008以降から実装されています。文字・寸法・ハッチング・ブロックなどに最初から尺度を与え自動的に尺度調整させる機能です。この機能を使用する場合、以下で説明する縮尺についての概念が変わってきます。関連項目:はじめての異尺度対応

 

作図の領域

開いたばかりの作図領域がどの程度の大きさか分かりにくいと思いますので説明します。左下は(0,0)で同じだと思いますが、右上は自分の環境では(5000,2500)程度になっています。

item5

座標の知識に関して"AutoCADの座標"で説明していますので省略しますが、起動した直後の画面ではミリメートルの尺度単位の場合には横に5m、縦に2.3mの大きさ程ということになっています。PANツール等で拡大、縮小できますので実際に大きさは気にしなくてもいいですが、とりあえず開いたばかりの画面はそれくらいの大きさになっているということです。

 

 

図面範囲の設定

ここで領域の設定をしておくと少しだけ便利です。作図する場合、だいたいのプランは決まっていると思いますので、まずは使いたい領域の大きさにします。コマンドから"LIMITS"と入力します。これは作図領域(図面範囲)の大きさを指定するコマンドです。例えばミリメートルで1:100の縮尺でA3に印刷したい場合はA3の大きさが座標的に0,0の原点からX(横方向)42000、Y(縦方向)29700になります。"LIMITS"を入力後、"0,0"、"42000,29700"と入力してエンターを押します。

これで図面範囲が再設定されましたので、リボンの表示タブから2Dナビパレットの図面全体を実行します。これにより作図領域は縮尺1:100のA3用紙サイズの大きさが表示されたことになります。

item14

 

 

用紙と縮尺の選択 

用紙の大きさはプリンター/プロッターにより変わりますが、最近はA3でも十分対応できるようになってきています。例えばA3の用紙横方向と使用することに決定したとして、次は縮尺の問題があります

レイアウト印刷の場合は後で用紙に合う縮尺に設定することで問題は無いですが、モデル印刷の場合は最初からどんな図面を書くか、どんなものを書くかを考慮し、縮尺を検討しなければ用紙に収まらないことになりかねません。

簡単な方法は三角スケールで実際にA3のコピー用紙に当ててイメージしてみるといいかもしれません。ここでの計画により作図領域に用紙の枠を配置します。

 

 

用紙枠の配置 ※レイアウト印刷の場合、用紙の枠は必須ではありません。

ここではA3横方向の1:100の縮尺で作図することとします。1:100のA3用紙の大きさは、実際のA3用紙が420mm×297mmなので100倍した数値の横に42000mm、縦に29700mmとなります。

長方形を作図します。リボンから長方形を選択して1点目に座標値(0,0)を入力します。

item1

2点目に座標値(42000,29700)と入力します。

item2

スクロールボタンをダブルクリックすると四角形全体が表示されます。この四角がA3用紙横の1:100の大きさとなります。

item3

 

 

その他の縮尺により設定しなければならない項目

 

文字 

初期設定ではStandardというスタイルが使用されます。文字の高さが設定されていなく、フォントもAriralとなっています。縮尺を決めた場合は、それに併せて文字スタイルを作成した方が便利です。

例えば1:100の縮尺ならMS Officeのワード等の10.5ポイント相当の大きさにする場合370mmに設定します。

関連項目:文字

 

レイアウト印刷で使用する異尺度の対応した文字にする場合は少し違う設定が必要になります。

関連項目:レイアウト印刷における異尺度設定

 

 

寸法

初期設定ではISO-25というスタイルが使用されています。全体の尺度が1:1のフィットとなっていますので、1:100の縮尺で使用する場合は、全てが小さく表示され使い物になりません。1:100で使用する場合はスタイルを作成する上で最低限フィット項目を1:100にしたいところです。スタイルの作成はこちらで詳しく説明しています。

関連項目:寸法線

 

レイアウト印刷で使用する異尺度の対応した寸法線にする場合は少し違う設定が必要になります。

関連項目:レイアウト印刷における異尺度設定

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。