item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG TrueView] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − 作図の基本 ≫ 単位設定

 

単位設定について  注意:"はじめて使うAutoCAD LT"の"単位設定"と同じ内容となっています。

 

AutoCAD LTを何の設定もせず、使い始めて気になるのが画面に表示される数値の小数点とか角度だと思います。

ScreenSnapz105

上の図は線分を作図するときに1点目を指定して左側にカーソルを移動させたときの状態です。

(ダイナミック入力は"ON"で説明しています。ダイナミック入力について

長さが"599.7216"となっていて、角度が"0°"となっています。この単位を自分のスタイルに合わせた設定をする方法を説明します。

作図の単位(挿入尺度)

 

個人的には"ミリメートル"を使用して作図します。この場合の設定方法はアプリケーションメニューの"図面ユーティリティ"から"単位設定"をクリックします。

ScreenSnapz079a

単位管理ダイアログボックスが表示されます。

ScreenSnapz080a

"挿入尺度"を変更します。

ScreenSnapz083

"ミリメートル"や"メートル"などの尺度単位を選択します。

小数点以下の設定

 

例えば挿入尺度に"ミリメートル"を使用した場合は、精度を"0"とするのが一般的です。この場合の設定方法はアプリケーションメニューの"図面ユーティリティ"から"単位設定"をクリックします。

ScreenSnapz079

単位管理ダイアログボックスが表示されます。

ScreenSnapz080

この中の"長さ"からタイプと精度を変更します。

 

タイプ

一般的には十進表記でいいと思います。個人の使用環境によります。

ScreenSnapz081

精度

精度に関してはミリメートルを使用して作図する場合は、小数点以下は必要ないかもしれません。その場合は"0"を選択します。

ScreenSnapz082

例えばメートルで作図した場合は精度を0.000に設定することでmmまで認識出来るようになります。距離の計測などで表示が"4.250"となります。

ScreenSnapz084

角度の単位

 

AutoCAD LTでの初期設定の角度単位は十進表記の"度"となっています。

ScreenSnapz085

しかし、この設定では角度が性格に表示されていないことになります。

例えば30度30分30秒の角度があった場合、初期設定のまま角度を測定した場合"31°"としか表示されません。

ScreenSnapz106

これは初期設定の角度精度が"0"になっているためです。例えばこれが下図のように精度"0.0"になっていたら

ScreenSnapz107

"30.5°"と表示されます。

ScreenSnapz108

そこで設定を変更します。

設定方法はアプリケーションメニューの"図面ユーティリティ"から"単位設定"をクリックします。

ScreenSnapz079b

単位管理ダイアログボックスが表示されます。

ScreenSnapz080b

この中の"角度"からタイプと精度を変更します。

ここでは十進法ではなく六十進法で303030秒まで表示させたいとします。以下のように変更します。

 

タイプ

度 / 分 / 秒 を選択します。

ScreenSnapz090

 

精度

0d 00' 00" を選択します。

ScreenSnapz091

 

この設定で角度を表示させてみると"30d 30' 30""と表示されるようになりました。

ScreenSnapz109

注意:寸法値の表示に関しては、また別の設定となります。

ScreenSnapz110

 

角度の方向

角度の方向は初期設定では下図のようになっています。基本的には時計回りとなっています。

ScreenSnapz096

または

ScreenSnapz097

 

 

0度の位置を変更

アプリケーションメニューの"図面ユーティリティ"から"単位設定"をクリックします。

ScreenSnapz079b1

単位管理ダイアログボックスが表示されます。

ScreenSnapz080b1

一番下の"角度の方向"をクリックします。角度の方向を指定できますのでチェックを付けます。

ScreenSnapz098

一番上を0度にしたい場合は北にチェックを付けます。チェックを付けたらOKボタンで閉じます。

 

 

角度の回転方向を変更

時計回りにしたい場合は単位管理ダイアログで"時計回り"にチェックを付けます。

ScreenSnapz080c

次の作業は「作図領域・用紙・縮尺」がおすすめです。

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。