item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3 item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − シートセット ≫ シートセットマネージャ

1.シートセットについて

2.シートセット作成

3.シートセットマネージャ

4.図面(シート)作成

 

シートセットマネージャのインタフェース

 

各種タブ

A.シート一覧

B.シートビュー

C.モデルビュー

ScreenSnapz022

 

A.シート一覧

シートセットの名前およびシートが表示されます。

下図はサンプルのシートセット「Manufacturing Metric Sheet Set」から作成した規定のシートセットマネージャとなっています。

⑤のテストプロジェクトはシートセット作成時に付けた名称ですが、その下層にある⑥や⑦はこのサンプルを使用したことにより勝手に作成されるサブフォルダのようなものです。あとから自由に削除、追加できます。

ScreenSnapz022a

 

 

①シートセットリスト

シートセットが複数ある場合は切り替えができます。またシートセットを新規作成したり、開いたりすることもできます。

ScreenSnapz024

 

②DWFxに書き出し

ScreenSnapz023

 

③パブリッシュ

シートを印刷する、ファイルに出力するなどができます。

ScreenSnapz025

 

④シート選択

ScreenSnapz026

複数のシートの選択ができるようになります。これを保存することにより任意のシート印刷や出力が簡単に行えるようになります。

複数のシートがある場合、SHIFTをクリックしながらシートを選択して追加していきます。その状態で右クリックするとメニューが表示されますので"シート選択を保存"をクリックします。これにより選択したシートが保存されます。

ScreenSnapz027

 

⑤シートセット名

例えばここで説明している場合だと"テストプロジェクト"となります。また"テストプロジェクト.dst"というファイルが保存されて情報がこのファイルに保存されるようになります。

右クリックメニュー

ScreenSnapz028

 

⑥、⑦サブセット名

フォルダのようなものです。ここでは"トップレベルアセンブリ"という名前がついていますが、これはサンプルで最初から作られたものです。必要なければ削除したり、新しくサブセットを追加したりできます。わかりやすく階層構造にするためのものだと思われます。

右クリックメニュー

ScreenSnapz029

 

 

B.シートビュー

シートビューには"名前のついたレイアウトビュー"が存在する"シート名"と"レイアウトビュー名"が表示されます。

下図( 左)はレイアウトビューが何も存在しない場合、右は02-02というシートにテストというレイアウトビューを作成した場合の状態を表示しています。

ScreenSnapz030 ScreenSnapz031

 

C.モデルビュー

追加することでモデル空間に作図されているdwgファイルを表示させることができます。

"新しい場所を追加"をダブルクリックすると参照場所が表示されますのでフォルダを指定します。

ScreenSnapz033 ScreenSnapz032

モデルビューにdwgファイルが表示されます。

ScreenSnapz034

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。