item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3 item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT 2013使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG TrueView] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − シートセット ≫ シート図面の作成

1.シートセットについて

2.シートセット作成

3.シートセットマネージャ

4.図面(シート)作成

 

シートセットの図面(シート)作成

実際に図面(シート)を作成してみます。"2.シートセットの作成"の手順で作成した場合の例で説明していきます。シートセットが作成された時点で下図のようになっていると思います。

ScreenSnapz022

 

サブセットの除去、追加

このサブセットは機械設計の仕様となっています。各ユーザがわかりやすいように、一度サブセットは削除したいと思います。

サブセットを選択した状態で右クリックします。メニューから"サブセットを除去"を選択するとサブセットが削除されます。

ScreenSnapz035

ScreenSnapz036

次にわかりやすい名前のサブセットを追加します。シートセット名を右クリックしてメニューを表示させます。そこからサブセットを新規追加を選択します。

ScreenSnapz037

サブセットプロパティ画面が表示されますので、ここでは仮に"Aブロック"と"Bブロック"という2個のサブセットを作成します。

ScreenSnapz038

サブセット名に新しい名前をいれてエンターを押すとシートセットマネージャに作成され表示されます。

ScreenSnapz039

 

 

図面(シート)の新規作成

次にこのシートセット(テストプロジェクト)のサブセット(Aブロック)に平面図という図面(シート)を作成します。

サブセット名の"Aブロック"をクリックして選択状態にして右クリックします。メニューからシートを新規作成を選びます。

ScreenSnapz040

"新しいシート"という画面が表示されますので、こちらに①番号と②シートタイトルを入力します。

ScreenSnapz041

③フォルダパス

シートセットを作成したときのフォルダの場所が表示されています。

 

④シートテンプレート

このシートテンプレートはシートセットを作成したときにサンプルで選択した項目によって変わります。ここではA3用紙の大きさで機械設計図面の図面枠、表題が表示されます。

 

⑤図面エディタで開く

ここにチェックを付けることで作成されたと同時にテンプレート図面が開きます。ここではチェックを外した状態にしておきます。

 

入力が終わったら"OK"をクリックします。下図のようにサブセット名"Aブロック"に"01 平面図"が作成されました。

ScreenSnapz042

実際にシートセットのフォルダを開いてみます。01 平面図.dwgというファイルが作成されています。

ScreenSnapz043

図面を開く場合はAブロックの"01 平面図"をダブルクリックします。または右クリックで"開く"を選択します。レイアウト画面にてテンプレートが表示されたと思います。

ScreenSnapz045

あとは同じように必要な分のサブセットや図面(シート)を作成していきます。

ScreenSnapz047

 

シートセットの開き方

作成されているシートセットを開く場合は、アプリケーションメニューから"開く"→"シートセット"を選択します。

ScreenSnapz048

保存先を指定してクリックします。

ScreenSnapz049

シートセットマネージャが表示されます。

ScreenSnapz050

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。