item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a1 item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT2013 使い方

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − オンライン機能 ≫ ③オンライン機能の使い方

 

オンライン機能 ③オンライン機能の使い方

①概要・ID作成・サインイン ②Autodesk360メニュー ③オンライン機能の使い方 ④データの利用

 

AutoCAD LT2013 リボンのオンラインタブを選択します。

item15

 

"オンラインドキュメント"パネル

Autodesk 360

item2

インターネットブラウザが自動的に起動し、サインインした状態でAutodesk 360の画面が表示されます。こちらでデータのダウンロード・アップロート等ができます。

ブラウザ環境による詳しい使い方は"Autodesk 360の使い方"を参考にしてください。また日本語になっていない場合は画面下に"Language"から日本語を選択します。

 

オンラインオプション

item9

こちらはAutoCADのオプションが表示されます。オンラインタブで既定の設定変更ができます。

item5

 

 

モバイルに送信

item4

モバイルデバイスに通知を送信して、現在開いている図面をモバイル環境で開く事ができるようになっています。

リボンをクリックすると下図の様に"Autodesk 360に保存してください"となりますので"クラウドに保存"をクリックします。

item8

そうするとAutodesk360のダイアログボックスが表示されますので、名前を付けて保存をクリックします。

item10

しかしモバイル設定が完了していない場合、通知を送信できません。モバイル環境にAutoCAD WSをインストールして、このアカウントにログインしなければなりません。

※Autodesk360にデータの保存はされています。

AutoCAD WSの使い方はこちらを参考にしてください。

item16

モバイル環境のAutoCAD WSにログインして再度、違う名前で保存してモバイル環境のAutoCAD WSで確認してみました。ちゃんとデータがアップされています。

item17

またデータがアップされたと通知がされます。

item30

 

選択してアップロード

item18

こちらの項目は自分のPCに保存されている図面データを選択してAutodesk360に保存するための機能です。ファイルを選択して"アップロード"をクリックします。

item20

残念ながら当方の環境ではアップロードできませんでした。少し調べてみます。なおアップロードはAutodesk360から直接できますし、AutoCAD LT2013で開いている場合だと"モバイルに送信"または"クラウドに図面を保存"でもできます。

サービスパック1.1をアップデートさせたら機能するようになりました。サービスパック導入方法

 

"カスタマイズ"パネル

設定を同期

item7

既定の設定(またはオプション)で選択できます。青くなっていると"ON"の状態です。クリックすると下図がでてきて変更できるようになっています。

item12

 

設定を選択

item13

クリックすることで同期する項目を選択できます。

item21

 

"共有とコラボレート"パネル

ドキュメントを共有

Autodesk360に保存されている図面を他の誰かと共有させる事ができるようになります。このアイコンをクリックするとまず図面の保存画面になりますので、Autodesk360に名前を付けて保存します。ここでは"Drawing2.dwg"とします。

次に共有するダイアログが表示されます。メンバーに共有させたい人のメールアドレスを入力して追加して下にある"保存・招待"をクリックします。

item22

メールアドレスに案内状が送信され共有されたことを知らせます。

item24

相手には以下の様なメールが届いています。

item25

相手からもこの共有された"Drawing2.dwg"ファイルに限り使用できる様になります。

 

コラボレートを開始

AutoCAD WSを使用したオンラインセッションを開始して、現在開いている図面を招待したユーザとリアルタイムで図面の操作ができるようになります。

この機能はAutoCAD WSの機能になりますのでこちらを参考にしてください。

AutoCAD WSの使い方(7)ファイル共有

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。