item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a1 item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT2013 使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (3)AutoCAD LT2013 新機能 ≫ 新機能の概要

 

今回新たに実装された機能を紹介します。

 

プロパティ編集のプレビュー 新機能

プロパティパレット(クイック)で編集したと同時に作図画面に反映されますので、より迅速な作業ができるようになっています。

item2

item6

item7

item8

 

コマンド ライン(コマンドウィンドウ) 強化

コマンドラインのスタイルが新しくなりました。透過表示にして作図ウィンドウの上にフロートできます。コマンド履歴の表示、最近使用したコマンドのアクセス、コマンド ライン上でオプションをクリックして、コマンドのオプションの選択を簡単に実行できます。

item5

 

コマンドラインのカスタマイズ

item9

 

最近使用したコマンド

item17

開いている図面のクイック表示 新機能

item12

クイック ビュー機能は、現在開いている図面のサムネイルを表示します。今までは図面の最小化やショートカットキーで図面を切り替えていましたが、サムネイルを選択することで簡単に図面を切り替えることができるようになっています。

item14

モデルとレイアウトの表示

item28

UCSアイコンを直接操作

UCS アイコンを選択後、多機能グリップを使用して、ユーザ座標系(UCS)の直接操作が可能になりました。座標系の移動、回転、位置合わせが UCS アイコンで簡単に操作できます。

item19 item20

item29

文字スタイルの強化 新機能

文字、マルチ引出線、寸法、表に新しく「取り消し線」スタイルが追加されました。従来から利用できる下線や上線オプションと同じように使えます。

item21

複数のハッチング オブジェクトの編集 新機能

ハッチング オブジェクトの複数選択に対応しています。これにより、編集作業をスピードアップできます。

異なるハッチングを選択してハッチングの種類を選択すると全てのハッチングが変更される。

item22

Autodesk 360に アクセス 新機能

AutoCAD LT リボンに新たに搭載された[オンライン]タブから Autodesk 360にすばやくアクセスできます。デスクトップをCloud に広げて図面を保存、共有、閲覧することで、作業を効率化します。(当初Autodesk CloudでしたがAutodesk 360に変更されました。)

item23

AutoCAD LT2013のオンライン機能

カスタマイズの同期 新機能

オンライン機能の強化により、カスタマイズ設定同期使用して、カスタム設定やファイルを自宅のコンピュータや他のワークステーションでも利用できるようにします。ワークスペース、CUI ファイル、キーボード ショートカットなど設定をオンラインの Autodesk 360 アカウントでアップロードして、別のコンピュータにダウンロードできます

item1

AutoCAD LT2013のオンライン機能

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。