item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a1 item12a
item12a

HOME > AutoCAD LT2013 使い方

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link


CAD製図
 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (2)AutoCAD LT2013 動作環境 ≫ サービスパック導入

 

AutoCAD LT 2013 サービスパック1.1 解決された問題点

ページ一番下に掲載しています。個人的に一番良かったのはリボンのオンラインタブ"選択してアップロード"が正常になった点です。

 

AutoCAD LT 2013 サービスパック1.1の導入方法 (OS環境 Windows7)

2012/10/10 ようやくAutodesk日本サイトでもサービスパック1.1がダウンロードできるようになりました。Autodesk更新プログラム・ツールから"AutoCAD LT2013サービスパック1.1"を選択してダウンロードのページにクセスします。

AutoCAD LT 2013 SP 1.1をクリックしてダウンロードします。この時自分の環境に合わせて32bitか64bitを選択します。

item9

ダウンロードが完了したらAutoCAD_LT_2013_SP1.1_32(64)bit.exeをダブルクリックして実行します。

item1

自動的に更新プログラムが実行されます。

item3

途中で以下の様なアプリケーション終了の画面になりますので、「アプリケーションを終了しない」を選択します。

※インストール注意事項にありますのでこちらを選択します。

item4

そのまますぐにアップデートが完了します。

item6

OKボタンを押してWindows7を再起動します。AutoCAD LT2013を起動して、情報センター・ヘルプメニューのAutoCAD LT 2013 バージョン情報を確認すると左上に"AutoCAD LT 2013 SP1.1""となっていればアップデート成功です。

item8

 

 

 

AutoCAD 2013 サービスパック1.1 解決された問題点(レギュラー版、LT版)

 

カスタマーエラーによる報告

3D ナビゲーション ツール

• 画面移動中に予期せず終了する。

• 3D 図面内を画面操作していると、クラッシュが発生することがある。

3D モデリング

• 境界引き伸ばし操作で面を選択すると、クラッシュが発生することがある。

• 大量の 3D オブジェクトを含む複数の 3D 図面を開くと、クラッシュが発生する。

Autodesk 360

• [オプション]ダイアログ ボックスから Autodesk 360 にログインすると、日本語版の AutoCAD がクラッシュする。

• Autodesk 360 にログインし、外部参照を含む図面を開くと、クラッシュが発生することがある。

CUI (ユーザ インタフェースをカスタマイズ)

• カスタム CUI ファイルの読み込み中にクラッシュが発生することがある。

• [カスタマイズ]ボタンの .NET Framework 4.5 がインストールされたコンピュータで[クイック プロパティ]パレットの[カスタマイズ]ボタンをクリックすると、処理されない例外が発生する。

DesignCenter

• DesignCenter を使用して作業していると、クラッシュが発生することがある。

DGN への対応

• 特定の DGN ファイルをアタッチまたは読み込むと、致命的エラーが発生する。

寸法記入

• 非自動調整の直列寸法または非自動調整の並列寸法の作成操作を UNDO コマンドで元に戻すと、クラッシュが発生する。

ハッチング

• HATCHEDIT[ハッチング編集]を使用中にズームすると、クラッシュが発生することがある。

情報センター

• 図面を何も開いていない状態で、タイトルバーの[常時接続]ボタンからいずれかのオプションをクリックすると、クラッシュが発生する。

計測ツール

• 長さをゼロに縮小したセグメントを少なくとも 1 つは含むポリラインの面積を計算すると、クラッシュが発生する。

印刷

• PDF に出力すると、クラッシュが発生することがある。

• PDF ドライバなしで PDF に出力すると、クラッシュが発生する。

点群

• 点群オブジェクトの作成に使用した PCG ファイルが存在しないと、クラッシュが発生する。

Express Tools

• MOCORO (Move/Copy/Rotate)コマンドを実行すると、クラッシュが発生することがある。

起動

• グラフィックス キャッシュ ファイルが破損していると、起動時にクラッシュが発生する。

• プログラム起動時に実行される LISP ルーチンをキャンセルすると、クラッシュが発生する。

一般

• 256 以上のオブジェクトをグループに追加した後で[元に戻す]または[やり直し]を実行すると、クラッシュが発生する。

• AutoCAD 2013 と共存インストールされている AutoCAD 2012 で図面ファイルを開く際、[ファイルを選択] ダイアログの表示形式を図面のサムネイルに変更すると、AutoCAD がクラッシュすることがある。

• サードパーティ アプリケーションで作成したスプラインを分解すると、クラッシュが発生することがある。

• .NET Framework 4.5 がインストールされたコンピュータで AutoCAD を終了すると、クラッシュが発生する。

 

 

Service Pack の一般的な更新

3D ナビゲーション ツール

• [3Dconnexion 設定]ダイアログ ボックスの[シーンを垂直に保持]オプションを変更できない。

3D モデリング

• 3D ソリッドの図心の計算に問題がある。

アクション レコーダ

• 以前のリリースで記録したアクション マクロが AutoCAD 2013 では正しく動作しない。

Autodesk 360

• [ONLINESYNCSETTINGS]ダイアログ ボックスについては、[F1]を押してもヘルプが表示されない。

• 図面ファイルの名前に言語固有の特殊文字が含まれる場合、その図面ファイルを Autodesk 360 に保存することができない。

• AutoCAD リボンから Autodesk 360 を起動した場合、ユーザが自動的にログインできない。

• [図面を共有]ダイアログ ボックスがメイン アプリケーション ウィンドウの背後に表示されることがある。

カスタマイズの同期

• カスタマイズの同期の進捗を示すアニメーションがいつまでも終了しない。

• カスタマイズの同期を実行しても、ツールパレット上でカスタマイズした新しいコマンドが同期されない。

DGN への対応

• DGN への書き出しで、シード ファイルのグローバル原点が使用されない。

• DGNIMPORTUNITCONVERSION システム変数が AutoCAD LT にない。

ディスプレイ ドライバ

• グラフィック統合チップセットを利用している環境でハードウェア アクセラレーションを利用した場合、使用可能なビデオ メモリを正常に返さない。

• 64 ビット オペレーティング システムで COPYCLIP[コピー]および PASTECLIP[貼り付け]コマンドを使用すると、オブジェクトが元の色とは異なる色で表示されることがある。

寸法記入

• 既存の図面を AutoCAD 2013 で編集すると QLEADER[クイック引出線記入]設定が失われる。

• 図面ジオメトリに対して、移動、コピー、その他の修正を加えると、垂線オブジェクト スナップを使用して作成した寸法の位置がずれる。

外部参照

• AutoCAD 2013 での表示で外部参照図面(XREF)が解決されない。

ハッチング

• ハッチング作成時に右クリック メニューを開いても、[ハッチング プレビュー]オプションが表示されない。

フィールド

• UNITS コマンドで既定値の角度単位を変更していても、[フィールド]ダイアログ ボックスでオブジェクトを参照して挿入した角度プロパティのフィールド文字に反映されない。

マルチ引出線

• マルチ引出線を作図すると、内容ブロックの挿入点にドットが不正確に表示される。

• [引出線を文字まで延長]オプションを選択して、図面を AutoCAD 2013 で開くまたは編集すると、マルチ引出線内の文字位置が変わることがある。

修正

• ドラッグ中にオブジェクト スナップがオンの状態で小さな尺度が採用された場合、SCALE[尺度変更] コマンドがキャンセルされてしまう。

PDF 書き出し

• 印刷スタイルを指定して PDF ファイルに書き出すと、ワイプアウトが黒く表示される。

パフォーマンス

• サイズの大きなスクリプトを実行すると、パフォーマンスが低下する。

• 画層を連続して作成すると、パフォーマンスが低下する。

印刷

• コマンドウィンドウを非表示にした状態で、PLOTコマンドなどで印刷プレビューを使用すると、プレビュー終了後にコマンド ウィンドウが表示状態になっていまう。

プロパティ パレット

• オブジェクトを選択しても、繁体中国語版、チェコ語版、ロシア語、ハンガリー語版において[プロパティ]パレットのツールチップが表示されない。

リボン

• プロパティのプレビューを有効にしていると、[ブロック エディタ]リボンの[表示]ドロップダウン コントロールが正しく機能しない。

選択

• [Shift]キーを押しながら窓選択した時に、レイアウト上の選択セットから複数の図面ビューを削除することができない。

シート セット マネージャ

• シート セット マネージャを使用しているとネットワーク使用率が高くなり、SMB v2 (サーバ メッセージ ブロック)プロトコルが使用される。

Visual LISP

• コマンド ウィンドウをドッキングした状態では、(menucmd) 関数を実行してもドロップダウン メニューが表示されない。

[ファイルの情報]

• [クイック計算]パレットをアンカー指定してから AutoCAD を起動すると、エラーが発生する。

• -WBLOCK [ブロック書き出し]を使用して作成した図面の INSBASE 値が正しくない。

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。