AutoCAD操作説明書

HOME > AutoCAD 2012 新機能> (9)CAD製図基準テンプレート

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

AutoCAD 2012の使い方

item1

sponsored link

sponsored link

AutoCAD2012の使い方


MENU 
 

(1)AutoCAD2012機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2012動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明 
 

(3)2012新機能概要


①コマンドオートコンプリート

②重複オブジェクトの削除

③Content Explorer

④自動調整配列複写

⑤ビューポートの表示

⑥グループ機能の強化

⑦リボンメニューの新アイテム

⑧クイックプロパティ

⑨作図位置の微調整

⑩窓選択に機能が統合

⑪スナップモードの最適化

⑫グリップ編集

⑬AutoCAD WSへのアクセス 
 

(4)AutoCAD LT2012体験版


①体験版のダウンロード方法

②体験版のインストール方法 
 

(5)追加されたコマンド


追加されたコマンド・更新されたコマンド
 

(6)インターフェース


①リボン

②クイックアクセスツールバー

③カーソル

④UCSアイコン

⑤クラシック表示

⑥ステータスバー

⑦コマンドライン 
 

(7)サービスパック1の適用


解決された問題
 

(8)AutoCADオプション設定


オプション設定について

ファイル

表示

開く/保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択
 

(9)CAD製図基準テンプレート


CAD製図基準テンプレートとは

テンプレート開き方 

表題欄の入力 

ビューポート修正 

オブジェクト、寸法、文字 

印刷
 

(10)印刷、文字


印刷

文字
 

(9) 応用偏 CAD製図基準テンプレートの利用 

  1. CAD製図基準テンプレートの開き方
     
  2. 表題欄の入力方法
     
  3. ビューポートの修正
     
  4. 実際の作図(オブジェクト、文字、寸法)
     
  5. 印刷

AutoCAD付属のCAD製図基準テンプレートとは

AutoCAD付属のCAD製図基準テンプレートを使用して図面を作図する方法を紹介します。このテンプレートは土木の公共工事用に作成されているものです。

はじめから以下のスタイルが設定されています。

  • SXF線種定義の線種
  • 文字スタイル
  • 寸法スタイル
  • 点マーカー
  • 図枠
  • 表題欄

このテンプレート利用するメリットは図枠の大きさ、表題欄、色、線種などCAD製図基準にそって作成されていること、最初から上記の設定がなされいるので縮尺のファイルと用紙の大きさのタブ選ぶだけで、すぐに作図が開始できることなどがあります。

※このサイトでダウンロードできる縮尺別図面枠とは作図方法が異なります。

item4b

sponsored link