item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3 item12a
item12a

HOME > はじめての異尺度対応

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

sponsored link



 

はじめての異尺度対応


異尺度対応 MENU

 

(1)異尺度対応について

a.異尺度対応とは

b.異尺度対応オブジェクト

c.異尺度対応のポイント

 

(2)異尺度対応の設定方法

ステータスバー設定

オブジェクト作成

縮尺尺度の与え方

複数の縮尺尺度

 

(3)異尺度対応のレイアウト

レイアウトページ設定

ビューポートの操作

印刷

図面枠の利用

 

(4)異尺度対応の応用(1)

線種尺度のコントロール
 

はじめての異尺度対応

ScreenSnapz024

2012/10/01 異尺度対応の応用 − 線種尺度(ピッチ)のコントロールを追加しました。 

はじめての異尺度設定 MENU

異尺度対応オブジェクトとは寸法とか文字などの注釈オブジェクトに対して適用する機能で、注釈尺度によりオブジェクトのモデルサイズが決まります。AutoCADシリーズではバージョン2008以降に導入されています。ここでは簡単な使い方を説明していきます。

 

(1)異尺度対応について

 

a.異尺度対応とは

b.異尺度対応オブジェクト

c.異尺度対応のポイント

 

(2)異尺度対応の設定方法

 

①ステータスバー設定

②オブジェクト作成

③縮尺尺度の与え方

④複数の縮尺尺度

 

(3)異尺度対応のレイアウト

 

⑤レイアウトページ設定

⑥ビューポートの操作

⑦印刷

⑧図面枠の利用

 

(4)異尺度対応の応用(1)

線種尺度のコントロール

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です