AutoCAD操作説明書

HOME > AutoCAD LT2004の使い方 > 2004の応用テクニック

[HOME] [はじめて使うLT] [AutoCAD作図フロー] [LT2015使い方] [LT2013使い方] [LT2004使い方] [AutoCAD Mac] [Auto3D入門] [各種ダウンロード]

sponsored link

AutoCAD LT2004使い方

メニュー

(1)AutoCAD LT2004の基礎


インターフェースの基礎

図面ファイル開き方、保存

画面の操作方法

操作の取り消し 
 

(2)AutoCAD LT2004画面構成


AutoCAD2004画面構成

AutoCAD2004ツールバー 
 

(3)AutoCAD LT2004実践作図


図面を描く準備

図面範囲、図枠の配置

ファイルの保存

実際の作図

移動、拡大、縮小

寸法線の配置

削除、分解

印刷
 

(4)AutoCAD座標知識


座標(1)

座標(2)

座標(3)
 

(5)AutoCAD LT2004のコマンド

一覧メニュー

(6)AutoCAD LT2004データ


図面枠データ

建設機械ブロックデータ

樹木データ

ブロックの取り込み方法

体験版ダウンロード
 

(7)AutoCAD LT2004応用Tips

応用Tipsメニュー

(8)寸法スタイル設定


寸法スタイルの作成、変更

寸法スタイル設定内容
 

AutoCAD LT 2004 使い方 ≫ (7)AutoCAD LT2004応用Tips

Tips 08 CAD作図のDWGデータをJPEGデータに変換する方法

 このサイトの6.AutoCADのデータ(1)図面枠データでダウンロードできるA3用紙1:50を開いてみましょう。そのデータに作図したものを画像データに変換する場合。

item3

 コマンドラインにjpgoutと入力します。

item4

 下のようなダイアログが出ますので保存場所を指定します。

item5

 ファイル名をつけて保存を押すとjpgファイルができあがります。

sponsored link

sponsored link