item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item1 item12a
item12a

HOME > 3DCGソフト form・Z

[HOME] [はじめて使うLT] [作図フロー] [LT2018] [LT2017] [LT2013] [LT2010] [LT2004] [AutoCAD for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

※旧バージョンのため最新バージョンに修正中。


form・Zの使い方
 


体験版

ダウンロード

インストール
 


無料版 form・Z Freeについて

ダウンロード

インストール


form・Zの画面構成

各パレットの説明
 


form・Zの操作方法

拡大縮小

画面の移動

視点の変更

グリッド

スナップ
 


実際のモデリング

モデリングの基本

直方体

円柱

円錐体

球体

球状 ( 面体 )
 


実際のレンダリング

ワイヤーフレーム

インタラクティブ シェード

簡易表示

隠線消去表示

サーフェースレンダリング

シェーディングレンダリング

スケッチレンダリング

手書きレンダリング

レンダーゾーン
 


form・Zデータ
 


form・Z学生版
 

formZの操作方法

 操作項目      拡大縮小   画面の移動   視点の変更   グリッド  スナップ

作図画面の拡大、縮小

作図画面は自由に大きさをコントロールできます。

例えば1:100の縮尺設定においてデフォルトの画面で100cm程度の大きさのオブジェクトを作成していくにはオブジェクトが小さすぎて不便です。

item4

(1)マウスのスクロールによる拡大縮小

マウススクロールボタンを前方に回転させると画面が拡大していきます。逆に手前に回転させると縮小していきます。この時マウスカーソルの位置によって画面が移動します。これを利用して画面移動を行うことができます。

item5

 

(2)ウインドウツールパレットによる拡大縮小

ウインドウツールパレットを利用しても画面の拡大縮小が簡単にできます。虫眼鏡の形のアイコンをクリックしたままにするとサブアイコンが出てきます。これがズームグループとなっていて画面の表示をコントロールできるようになっています。

item8

「リセット」(一番上のアイコン)item14

これは縮尺設定に応じてデフォルトの状態に戻します。

 

「フィット」(上から2番目のアイコン)item13

これは作成したオブジェクト全体が入るように画面いっぱいに表示されます。

 

「前の画面」item11

これは一つ前の表示画面に戻ります。

 

「ズームアウト」「ズームイン」(上から4,5番目)item9

ズームオプションにより設定された割合によってクリック毎に拡大縮小されます。

item12

「範囲指定ズームイン」「範囲指定ズームアウト」(上から6,7番目)item6

オブジェクトを囲むようにして場所を指定して拡大縮小します。

 

「ズーム」(一番下のアイコン)item15

クリックする毎に拡大していきます。縮小するにはWindowsの場合はShift+Ctrlを押しながらクリックすることになります。(Macの場合はoptionを押しながらクリック)