item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item1 item12a
item12a

HOME > 3DCGソフト form・Z

[HOME] [はじめてLT] [作図フロー] [LT2016] [LT2015] [LT2014] [LT2013] [LT2012] [LT2010] [LT2004] [for Mac] [3D入門] [DWG View] [ダウンロード] [学生版] [異尺度] [測量座標]

※旧バージョンのため最新バージョンに修正中。


form・Zの使い方
 


体験版

ダウンロード

インストール
 


無料版 form・Z Freeについて

ダウンロード

インストール


form・Zの画面構成

各パレットの説明
 


form・Zの操作方法

拡大縮小

画面の移動

視点の変更

グリッド

スナップ
 


実際のモデリング

モデリングの基本

直方体

円柱

円錐体

球体

球状 ( 面体 )
 


実際のレンダリング

ワイヤーフレーム

インタラクティブ シェード

簡易表示

隠線消去表示

サーフェースレンダリング

シェーディングレンダリング

スケッチレンダリング

手書きレンダリング

レンダーゾーン
 


form・Zデータ
 


form・Z学生版
 

実際のレンダリング

レンダリング種類   ワイヤーフレーム   インタラクティブシェード   簡易表示 

           隠線消去表示  サーフェースレンダリング シェーディングレンダリング

           スケッチレンダリング   手書きレンダリング   レンダーゾーン

※ 実際のレンダリングで使用しますので上記ファイルをダウンロードして開いてください。

データ ダウンロード

ワイヤーフレーム

item21

上記の様に線のみで表示されるレンダラーで一番高速に表示することができます。モデリングの時はワイヤーフレームがデフォルトになっています。

表示方法はメニューバーから「表示」のワイヤフレーム表示を選択します。

item4

 

ワイヤーフレームのオプション

item5

 

(1)ワイヤーフレームオプションの表示方法

オプションを表示させるにはwindowsの場合はShift+Ctrlを押しながらワイヤーフレームを選択するとダイアログボックスが表示されます。

 

(2)裏面の表示

面には裏表があるので裏側の面を見せるかどうかの設定となります。

 

(3)カラーの表示

カラーの表示にチェックを入れると質感パレットで設定した色を表示します。

 

(4)ゴーストの非表示

ゴーストとはオブジェクトを派生、加工などするときにオプションにより設定できる状態の一つです。

状態の種類とは「保持」「ゴースト」「削除」とあり普段はゴーストにしておき、ゴーストの非表示にチェックを入れておき見えない状態にしておきます。必要な場合にゴーストの復活を使用できます。消去にしておくと加工した段階ですべて削除されてしまうのであとでオブジェクトが利用できないことがあります。また常に保持にしておくといらないオブジェクトが増えて大変だと思います。

item8

普通デフォルトの状態がワイヤーフレームが選択されていますのでを終了させる必要はありません。その他のレンダラーを終了させるときはワイヤフレームを選択します。